Share This:

(同書), 第一次大戦後、ヴェルサイユ条約で懲罰的に過重な賠償金を課せられた敗戦国ドイツに対する屈辱的な扱いへの反発や、折からの世界不況による閉塞感が、少数者のユダヤ人への差別、嫉妬、反感に火をつけ、政策的な隔離、暴力、そしてついには大量虐殺という蛮行へと発展した。 漠然と浮かび上がった疑問、不審を今のうちに少しでも掘り下げてみたい。

私はよく、守口市や大阪市の図書館で本を借ります。その時、音楽関係の棚を見ていて「シュピルマンの時計」という本が目に止まりました。帯には、「戦場のピアニスト」その後の物語・・・とあります。「戦場のピアニスト」という映画は、tvで見ました。 (3)主人公が仲良くなって、かくまってくれた音楽家の女性 「ユダヤ」であるというだけで、極限の恐怖に突き落とされ、あっさりと「殺処分」される。人間存在に対する最大限の否定だろう。これは見るに堪えない。「これはあくまで映画だから」と自分に言い聞かせながらでないと見続けられない。それでも脳裏に刻み込まれるようなユダヤ人迫害の惨劇シーン。ロマン・ポランスキー監督自身の壮絶な実体験に裏打ちされているからだろう。, 第二次世界大戦中、ワルシャワ出身ではないが、ポラ ンスキー家もまたナチによりクラクフのユダヤ人ゲットーに移住させられた。その後両親は強制収容所送りとなり、母親がアウシュヴィッツで死亡。この間、少年ロマンはゲッ トーを脱出し、複数のカトリック信者の家庭に助けられながら、ユダヤ人であることを隠して生き延びたのだそうだ。, それと、主人公ウワディスワフ・シュピルマンを演じた男優エイドリアン・ブロティの演技がまことに優れていると思う。ピアニストらしい繊細な役柄を作るために16キロも減量し、ピアノの特訓も受けた。物憂げな瞳とともに、病的にさえ見える痩身で廃墟のワルシャワ市内の死線をさまよって逃げ回る主人公を好演した。 特にポーランドには300万もの「ユダヤ人」が住んでいたので、最大の犠牲者を生んだ。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. それは「悲劇」という言葉さえも空しいほどの、絶望的な蜂起だったのではないだろうか。

「セム族」と「アーリア人」の違いなどといっても、日本人にはわかりにくい。あるアメリカ人が、日本人と韓国人の区別がつかないのと同じだと述べていた。, 歴史的な接点がないからだろうが、この映画で、想像を絶する凄まじい民族差別の事実を、初めてまじかに接する思いだった。これまでは「知っているつもり」に過ぎなかった、と思い知らされた。, 実はここがとても肝心なところだが、いわゆる「ユダヤ人」と呼称すべき、正確な「実体」などはないのだそうだ。, 「我々は日常『ユダヤ人』という言葉をなんのためらいもなく用いているが、いったい『ユダヤ人』とは誰を指すのかと問われると返答に窮する。 その場で夕焼けの光を浴びながら、もの思いにふける主人公の表情には一種の諦念のようなものを感じる。, 映画は戦後のワルシャワ。立派に再建された音楽施設でショパンをピアノ演奏するシュピルマンがエンディングを飾る。見事にピアニストとして再生したのだった。

「第3帝国におけるいわゆるドイツ人(アーリア人種)とユダヤ人との関係を決定的な決裂へと強制したのは、いわゆる『ニュールンベルク法』の成立と施行(1935年9月15日)であった。この法により、ドイツで生まれ育ち、全くドイツ人であったことを疑わなかったユダヤ教徒市民は、突如国家市民権を剥奪された。・・・・・」 しかし、ホットする気持ちと同時に、何かしら腑に落ちない不全感も残る。, 惨劇は過ぎ去ったが、本質的な不条理さは何も解決していないからだろうか。まるであの厄災などなかったかのように、時だけが無常に流れた。, このサイトは、1950年代前半に生まれた著者(大阪在住)が、自分が生まれ合わせた時代を振り返り、心に浮かぶ感懐を思いつくまま綴ったものです。 戦場のピアニストについて幾つか教えてください。 (「ユダヤ人とドイツ」 講談社1991年 大澤武男), こんな曖昧な概念規定でしかないのに、 二人の美しい姿が、この映画の白眉のシーンといえるだろう。, 映画では語られないが、実はホーゼンフェルトはこれ以外にも複数のユダヤ人の命を救った実在の人物だった。 しかし生き延びようとする意欲だけは決して失わない。彼には音楽が、「ピアノ」があった。, だが、発見されることを恐れてかすかな物音も出せない逃避行。どこに潜んでも、そこにピアノがあっても、模擬演奏で慰めるしかない。, この間にもユダヤ人の悲劇は続く。 スターリニズムが支配する共産党政権下にあっては、ユダヤ人を救ったのがドイツ軍将校という「実話」が、政治的に不都合だったからだ。, 映画「カティンの森」で見たように、洋の東西を問わず、政治権力は自らの正当性に都合の悪い「真相」を隠そうとする。これは権力一般に通じる「本能」と言って良いだろう。 「ニュルンベルク法は、当時のドイツ国民にはほとんど抵抗なく受け入れられていった。」 第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワを舞台にした、迫害から逃れ生き延びたピアニストの実話が原作です。, 写真は、破壊され廃墟となったワルシャワの街に潜むピアニスト、シュピルマンがドイツ軍将校に見つかり、ピアノを弾くよう言われて、「バラード1番」を弾いている場面です。, (実際は、「ノクターン2番」だったそうですが、思いの激しさを表すために曲を変えたのでしょうか。, 凄まじい逃亡生活を送っていて、バラードの後半、あんなに弾けないと思いますが・・・。, その後、将校は食べ物を渡して去って行き、やがて攻めてきたロシアの収容所で亡くなります。, ただ、ポーランドでは痛ましいことに、家族を失い、血縁者がいない事は珍しいことではなく、映画を見るまで、息子さんもあまり理解していなかったと。, 映画の中の登場人物によって、祖父母や叔父叔母に初めて会うことができたと書いています。, くじけそうになりながらも精神的に毅然としていられたのは、音楽があったからにほかならない。, ドイツ人に追われ追い詰められていく中でも、暗譜している楽譜を思い浮かべて、指を動かしていた。, 息子さんは生き延びた証でもあり、怪我をしたり危険なことは、異常なほど叱られ禁止されたらしい。, 「あの時、水を、水をと言いながら、一滴の水も飲めないで苦しんで逝った人のことを思うと、水を飲むのもつらいんだ。」, 葬儀は国葬で普通は土葬だそうだが、「自分の家族が燃やされたから、自分も火葬にしてほしい。」と希望していて火葬になった。, この将校は実在で、ナチスの政策は間違いであると、ポーランド人、ユダヤ人の組織的な救出に奔走した人物。, 彼以外にも、古くからの多くの友人が自らの危険があるのに匿ってくれたりと、「真の英雄」ばかりに出会い、シュピルマンは命を長らえた、と書かれています。, 題名の「時計」ですが、映画にも出てくるように、助けると言って時計をだまし取られます。, 彼以外にも、古くからの多くの友人が自らの危険があるのに匿ってくれたりと、「真の英雄」ばかりに出会い、, 初心者からプロミュージシャン・音大受験を目指す人たちのためのレッスン・音楽教室・音楽学校比較・検索サイト - ミュージック スクール ガイド. 彼自身もまた、ユダヤ系ポーランド人を父に持つ人で、父の家族もホロコーストで命を失っているという。他人事ではない。, 日本にはなじみのないユダヤ人差別。 (3)主人公が仲良くなって、かくまってくれた音楽家の女性はどうなったのでしょうか? 自分を顧みても、本来平等であるべき人間に、どうしても優劣差をつけたがる暗い心理が存在する。競争社会がその風潮を煽る側面もある。, ドイツ人を「優秀なアーリア人の純粋な種」とするナチズムが、大衆の支持を背景に蛮行を正当化した。 また『ユダヤ人』をある人種や民族と規定する見方は19世紀以降のナショナリズムや社会進化論、また反ユダヤ思想の産物であり、もちろん正しくない。いうまでもなく、国籍を示す用語でもない。 実はあの映画、私にはストーリーがダークすぎて途中を早送りで見ていたので、ストーリが微妙にわからなくなって・・・。現実はもっと過酷なものだったのかもしれませんが、私はちょっと苦手でして^^;。 受賞発表のとき、場内では感動の余り、聴衆のスタンディング・オベーションは15分も続いたという。 人を人として扱わなかったり、最後の主人公を助けてくれたドイツ将校など、色々と考えてしまう映画でした。 参考URLも見させていただきました^^, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 真実が世界に知られるのに、なんと半世紀以上もかかった。, ともかく、その迫力は月並みな感想では表現しきれない。 そこには一種名状しがたい「諦観」も漂う。決して一筋縄ではない。, あるとき、隠れ家でわずかな食糧をあら捜しするなか、棚の崩れた音が原因で発見される。 『ユダヤ人』という言葉は、キリスト教文化圏では常に一種の宗教的差別概念として、また少数派、無国籍放浪者としての社会的差別概念を含む言葉として用いられてきた。そこにはいつもネガティブな意味があり、劣等、軽蔑、ののしりの表現でもあった。 回答してくださった皆さんどうもありがとうございます。 そしてこのユダヤ人差別は、開戦後にはナチスドイツ占領地域に徹底され、史上類例のない大量虐殺(ホロコースト)へと拡大してしまった。 これほどの人道の士なのに、聞くに耐えない悲惨な末路だった。, シュピルマンは戦後しばらくして、自分をこっそりと救ってくれたドイツ軍将校ホーゼンフェルトが、その後ソ連の収容所に送られたことを知った。 あの主人公の方は弾いてる場面も映ってましたが、若干撮り方が怪しい・・・と思っていたのですが、本当に弾いてたんですね。しかも練習に練習を重ねたなんてスゴいですね。 一人のピアノ奏者として、哀切で激しい音律を奏でる。これを無言でじっと聞き入るナチス将校ホーゼンフェルト大尉。

ずぶの素人なりに、出会った様々なテーマについて、その背景や意味をここで再検討しておきたいと思いたったのです。 ワルシャワ市内には開戦時に36万人のユダヤ人が生活していたが、解放されたときにはたった20人しか残っていなかったというのだから、その徹底ぶりには言葉もない。, 先に亡くなったワイツゼッカー元大統領の「過去に眼を閉ざす者は、現在に対しても盲目となる」という言葉が、戦後の西欧の人々にドイツ人の「良心」として称賛された所以だ。, これに対して、戦後日本には、こうした精神性の高い政治家がほとんど登場しなかったことのほうが問題だろう。, 映画に戻ろう。

このときの若い隣人の金髪の「アーリア風」女性が演じる、「ユダヤ人」を見つけたときの形相は恐ろしい。 叛乱が起きる前にゲットーを脱出していた主人公は、ゲットーのすぐ外側の隠れ家からこの秘史の一部始終を克明に見た。 ドブネズミのように潜んでいたユダヤ人を睨む、「差別感情」と「憎しみ」に歪んだ、まるで夜叉のような表情。「差別感」が人をここまでの「悪相」にすることを、描いているのだと思った。差別をぶつけられる側にいないと、そのおぞましさはわからないかのようだ。 絶滅収容所から家畜貨車に詰め込まれる寸前で、奇跡的に逃亡できたものの、愛する家族とは永遠の生き別れになった。その後はたった一人でワルシャワ市内を、闇から闇へとドブネズミのようにひたすら逃げ回る身となった。やがて友人からの情報で、愛する父母や二人の妹弟が「絶滅収容所 (2)主人公の家族はそれぞれどうなったのでしょうか? それゆえに、遠慮のないコメントを歓迎します。ブログ風にしてみた理由です。, 2014年に始めてからこれまでも多くの方々から貴重なご感想、ご意見を賜り、感謝しています。, いつ最終完成版にまでたどり着くものやら、まだまだおぼつかない足取りですが、この間、表現の稚拙さ、明らかな錯誤などに気が付けばその都度「修正」「更新」して参ります。. いま問題になっている「ヘイトスピーチ」にも繋がる人間の悪しき情念が、看取されるのではないだろうか。

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. とくに、冷戦下の社会主義政権では、人間よりもイデオロギーが優先された。 シェピルマンはその後、有名なピアニストとなる。 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ シェピルマンはその後もワルシャワで暮らし2000年7月6日、83歳で他界する。 ホーゼンフェルトは、1952年に、ソ連の戦犯捕虜収容 … ありきたりの言葉では事実の深刻さを形容できない。, ゲットーの中の地下組織ネットワークでこっそり武器を運んだ主人公だったが、このときは外に逃亡していたので同胞の蜂起に何もできず、隠れ家から見ているしかなかった。ところが、主人公は意外なことに「敵も良く闘った」「無駄な抵抗だった」などという、聞きようによっては不謹慎な感想をすら漏らす。 拷問や過酷な労働のため何度か脳卒中を起こし、更には精神に変調を来たした末に、スターリングラードの戦犯捕虜収容所で1952年に死亡したという。 そしてこれが家族との永遠の分かれ目になってしまう。映画ではその後の家族の消息がまったく描かれない。シュピルマン以外は「絶滅」したことを暗示している。 一人だけ命拾いをした主人公は、強い悲 … 手掛かりは自分の興味、趣味の範囲です。, これまではその日暮らしでしたが、還暦を過ぎた頃からやっとすこし自分の時間が持てるようになりました。, 私自身はどの分野の専門家でもありません。 ・・・・現在、厳密に言えば『ユダヤ人』という用語に匹敵する人は存在しないのであり、イスラエル人やユダヤ教徒またはユダヤ教がもたらした伝統や文化を堅持している人々を指して、我々は『ユダヤ人』と呼んでいるのである。」 『戦場のピアニスト』(原題: The Pianist)は、第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。2002年公開。, カンヌ映画祭では最高賞であるパルムドールを受賞した。アメリカのアカデミー賞では7部門にノミネートされ、うち監督賞、脚色賞、主演男優賞の3部門で受賞した。 主演のエイドリアン・ブロディはこの作品でアカデミー主演男優賞を歴代最年少で受賞したとのこと。

なんとか「恩返し」をしたいので、ホーゼンフェルトらドイツ軍捕虜が目撃されたという工場わきの跡地を訪ねたが、収容所はすでに跡形もなくなっていた。 これも実話をもとにしている。, ユダヤ人は可能性がほとんどないと知りつつ蜂起せざるを得なかった。 1943年4月ワルシャワ・ゲットーで前途が「絶滅収容所送り」と知ったユダヤ人の絶望的な叛乱が勃発。ゲットーに閉じ込められていたユダヤ人が、密かに武器を蓄え、命がけで絶望的な叛乱を起こしたのだった。果敢な反抗はしかし、圧倒的なナチの武力に鎮圧される。 素朴な道徳観念では割り切れない、人間性の暗い闇が覗いている。, 次に起きるのは1944年8月のポーランド人蜂起(これまた孤立無援だった)。これがドイツ軍に殲滅されたあと、ヒトラーの命令でゲットーや市街地が完全に破壊される。証拠隠滅をはかったのだろう。, 完全に廃墟と化したワルシャワ市中。主人公シュピルマンは風雪舞う厳寒のなか、あてどもなく飢餓線上をさまよい、ある民家の屋根裏部屋に潜む。, この最後の土壇場で、偶然にも出会ったのがナチ将校のホーゼンフェルト大尉だった。月並みながら「地獄で仏」という言葉が妙にリアリティーを持って脳裏に思い浮かぶ。, 命からがらの長期の逃避行と飢餓ですっかり憔悴したシュピルマンが、ホーゼンフェルト大尉に偶然発見され、その求めに応じて5年ぶりに、ショパンを引く場面がまことに圧巻。, 廃墟の民家で、月光を浴る、浮浪者のような姿のシュピルマン。 戦争犯罪の証拠がなく、しかもホーゼンフェルトを弁護する多くの人々の証言にもかかわらず、彼の不起訴と刑の執行猶予はソ連軍当局によって拒絶され、軍事法廷では諜報活動に従事した戦犯として、25年の強制労働を宣告された。 (1)あの主人公の人は、現実ではピアニストなんでしょうか?俳優なんでしょうか? 戦場のピアニスト-作品-Yahoo!映画より第二次世界大戦中のドイツ軍によるユダヤ人虐殺をテーマにした映画、『戦場のピアニスト』を観たので、あらすじ(ネタバレ含む)と感想を書いていきます。あらすじはネタバレなしの部分とありの部分とに分けて書 ロマン・ポラスキー監督「戦場のピアニスト」。原題タイトルは「The Pianist」。原作はウワディスワフ・シュピルマンの自分の物語を執筆した「ある都市の死」。, ポランスキー監督なんですがアメリカで強姦事件を起こしてスイスへ逃げたんですよ。だからこの作品がアカデミー賞とってもアメリカに入国できなかったんですね。, さて主人公はピアニストな訳なんですがショパンの歌を奏でたりとすごくピアノがうまいんですよね。まあピアニストですから当たり前なんでしょうけど。, そして吹き替えはエイドリアン・ブロディの宮本充!これは鉄板中の一つですから非常に満足してますよ。, このポスターのシーンであるポーランドの荒廃した町をブロディが歩いていくシーンは凄い印象に残りました。廃墟廃墟廃墟が連なってるんですから。, そして実在したシェピルマンとホーゼンフェルト。ホーゼンフェルトはユダヤ人に同情的なドイツ軍の方で、実際にユダヤ人を助けたりしていましたが結局25年の強制労働を受けます。その最中に死にますが軍法裁判では助けられたユダヤ人が多く彼の無実を主張していたんです。, 1939年9月1日、ワルシャワ。ラジオ局でピアノを演奏していたユダヤ人ピアニストのウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)はラジオ局の空襲に遭遇。ラジオ局から脱出の途中、シュピルマンはラジオ局で友人ユーレク(ミハウ・ジェヴロスキー)の妹ドロタ(エミリア・フォックス)と出会う。, ナチス親衛隊はワルシャワの町を支配し日に日にユダヤ人に対しての生活制限などが深刻化していく。そしてユダヤ人区域への強制的な移住をさせられシュピルマン一家は高級ピアノまでもを売り払い金にしていく。シュピルマンはドロタと別れを告げる。, やがてシュピルマンは警察で働くように自治警察のイーツァク・ヘラー(ロイ・スマイルズ)に誘われるがそれを断りレストランのピアノ弾きをするようになる。, そんな時に弟のヘンリク(エド・ストッパード)が警察に逮捕される。ヘラーに頼み何とか釈放されるヘンリクだった。また、罰を受けないために必要な証明書も知人マヨレク(ダニエル・カルタジローン)に用意してもらうのだった。, だが結局は家族は収容所送りにされてしまう。収容所行きの電車を待つ広場で父(フランク・フィンレー)は少年から全財産で一つのキャラメルを買いそれを母(モーリン・リップマン)、ヘンリク、シュピルマン、姉のハリーナ(ジェシカ・ケイト・マイヤー)に分け与え食すのだった。, しかしヘラーの機転によりシュピルマンのみ助け出される。家族は収容所送りの家畜用電車に乗せられる。, シュピルマンはやがて強制労働を強いられる。しかし元々ピアニストのシュピルマンは力も無く限界に近かった。マヨレクと再会したシュピルマンは彼からナチスがユダヤ人全滅を計画していることと生き残ったユダヤ人の若者が蜂起を計画している事を聞かされる。シュピルマンは彼に協力し外部から投げられる武器の運搬の手伝いなどをする。, そしてシュピルマンはマヨレクの手引きにより知人ヤニナ(ルース・プラット)と連絡を取り彼女とその夫アンジェイ(ロナン・ヴィパード)の協力を得て強制労働から逃げ出し夫妻によって隠れ家に案内される。, ユダヤ人の武装蜂起が始まりヤニナ達も逮捕されてしまう。隠れ家も危険な状態となりシュピルマンは隠れ家を逃亡する。, アンジェイから教えられた緊急時の避難先で今度はドロタと再会。ドロタとその夫ミルカ(ヴァレンタイン・ペルカ)により今度はドイツ陣営真っ只中の隠れ家を紹介される。しかしそこにはピアノがあった。やがてミルカとドロタは疎開していく。, 1944年8月1日。シェピルマンは隠れ家をドイツ軍に包囲され逃亡する。そして病院に逃げ込むが今度はそこも襲撃される。, ある民家で缶詰を見つけたシェピルマンだが、その缶詰を落とした音でドイツ軍大尉のヴィルム・ホーゼンフェルト(トーマス・クレッチマン)に見つかる。しかし彼はシェピルマンが元ピアニストだと知り一曲、演奏させる。, その曲を演奏し終えてからシェピルマンはその家の屋根裏部屋に住み、ホーゼンフェルトによるひそかな食料などの供給を得る。, やがてホーゼンフェルトらドイツ軍は町から撤退する。ホーゼンフェルトはシェピルマンの名前を聞き戦争が終わったら必ずその演奏を聴くと約束し最後の供給物を渡して去っていった。, 戦後、捕虜となったホーゼンフェルトは捕らえられていたユダヤ人の一人の音楽家にシェピルマンに自分を助けてほしいと伝言するように依頼する。, その音楽家はラジオ局でピアノを演奏していたシェピルマンに伝言する。シェピルマンは捕虜の集められていた広場に駆けつけるがすでに捕虜たちは別の場所に連れて行かれた。. これは、政治体制に限らない。国家や政党、あるいは企業・団体が作った「正史」などは、まずもって疑ってかかるべきものなのだろう。自らを正当化する手段だからだ。, 日本で大学教授を務めるシュピルマンの息子アンジェイ・シュピルマン氏が亡父の原稿を発見、その復刊に取り組み、独語訳版が出版されたのは1998年、イギリスで英訳版が出版されたのは1999年になってからのことだったという。(日本語訳は2000年 春秋社) このまま座して屈辱の中でただ虐殺されるよりも、闘って死んでゆくことを選んだ。 さもありなんと思える、名作だった。, ユダヤ系ポーランド人の実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン(1911-2000)の実体験記を脚色して映画化した。, 原作は戦争直後のポーランドで『ある都市の死』(Śmierć miasta)の題名で1946年に刊行されたが、東西冷戦下のポーランドではすぐに絶版処分を受けた。



高円宮杯 U15 東京結果, Win5 ランダム 当たった, ラッキーライラック グッズ, プロ野球 データ エクセル, リーマンショック後 変化, 高校サッカー 選手権 2018, リーマンショック 政策 アメリカ, 松本潤 インスタ, あさが来た 金融 どこ, 原油価格 下落 株価, 将棋 賞金ランキング 歴代, アメリカ独立宣言 フランス人権宣言, 塩ラーメン 作り方, Nhk 受信料 引っ越し なぜわかる, 小野伸二 プレースタイル, レディダヴィンチの診断 真央 役, オバマ 広島スピーチ, 三木谷 Tbs買収, プロ野球 日本一 歴代, アフガン アフガニスタン 違い, 的場文男 重賞, なんj Mlb, 藤井聡太 学業, ロッテ 研究所, ロッテリア 韓国語, カマラ ハリス, アルクトス 星, 映画 地獄の黙示録 違い, 東 福岡 サッカー選手, 自衛隊 死亡率, ウイニングポスト 8 知人, コウノドリ 4話, オリックス 2014 個人成績, グリーン歯科 厚木, 新しい王様 シーズン2, アイオクリ 歌詞, ロッテ 電話番号 本社, キラメイジャー 見逃し, 東京タラレバ娘 ドラマ, コミュニティ 一覧, ギモーヴ 馬, 目黒記念 放送, キラメイチェンジャー 中古, 坂口健太郎 モテ る, コウノドリ 完結 ネタバレ, ロッテ 練習試合結果, インターハイ サッカー 福井, 将棋 棋譜並べ ソフト, 坂口健太郎 映画, Line その場で当たる コツ, 君と100回目の恋 感想, 天皇賞 動画, ガーナ アイス カロリー, 男たちの大和/yamato キャスト, オリックス 海田 年俸, 南部杯 2020 追い切り, 坂口健太郎 ドラマ, 生物兵器 化学兵器 違い, アル フォート 準チョコレート, 波瑠 インスタ, ,Sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です