Share This:
サンパウロの治安、危険情報をまとめてお届け。サンパウロでよくある犯罪の手口や、危険なエリア、盗難などの犯罪にあった時の対処法まで解説します。|国内最大級の旅行情報サイトHowTravel(ハウトラベル)で最新情報をチェックしよう! ブラジル旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険. ブラジリア連邦区,大サンパウロ圏及びカンピーナス市,大リオ圏,大ビトリア圏,大マナウス圏,ロライマ州北部,大ベレン圏,大レシフェ圏,大サルバドール圏,大フォルタレーザ圏,大クリチバ圏,ポルトアレグレ市 ・歩道を歩く時は車道から離れた側を歩く。 サンパウロでおすすめの日本食レストランをご紹介します。 今回ご紹介する日本食レストランは、私が何度もリピートしているお店ばかりです! サンパウロには、日本の高級レストランレベルの日本食を食べれるお店も ... ビラ・マリアーナ(Vila Mariana)はパウリスタ通りの南部に位置する地区です。, 最寄り駅:Paraíso, Ana Rosa, Estação Chácara Klabin, Shopping Ibirapueraというブラジルで一番大きいのショッピングモールまで車で6分くらいなので、お買い物はとてもしやすいです。, St. Francis Collegeという、国際バカロレア(IB)の取れるインターナショナルスクールのある地区でもあります。, Praça Victor Civitaという公園があり、自然も多く、小児病院もある地区なので、子育てのしやすい地区です。, Iguatemi Shoppingという高級ショッピングモールまで車で10分以内なので、買い物もしやすくとても便利です。, 最寄り駅:Pinheiros, Faria Lima, Santuário N.Sra. 残念ながら、ここサンパウロも例外ではありません。今日は、私がサンパウロに10年暮らす中で身に着けてきた、自分でできる安全対策についてお話しします。, 安全対策のお話しをする前に、まずはサンパウロ州全体と、サンパウロ市とに分けて、過去10年分の犯罪の統計を見てみましょう。, サンパウロ州全体を見ても、サンパウロ市だけを見ても、殺人の件数こそ減少しているものの、窃盗・強盗件数は増加しており、悪化の一途をたどっていることが分かります。2017年のサンパウロ市内の一日の窃盗件数は530件にも上り、平均して1時間に22件発生していたことになります。, 近年は、リベルダージ地区で邦人を狙った強盗が多発するなど、殺人事件にまで発展したケースもあり、改めて個人の防犯意識が問われています。, 私自身、2012年に強盗被害に遭い、今でも忘れることのできない、大変辛い、苦い経験をしました。 meu lugar., Conheça os bairros mais seguros pra se viver em São Paulo, Blog da Lopes, São Paulo: Os melhores bairros para morar. ■住所:Avenida Paulista, 854, 3o andar,Sao Paulo,Brasil ブラジルと言えば、ラテン気質の陽気な国をイメージする人も多いはず。その一方で、犯罪の多さから、最も治安が悪い国の一つとしても知られています。 https://www.ondefuiroubado.com.br/, サンパウロには3つの空港があり、主な国際線はグアルーリョス国際空港に乗り入れ、一部がヴィラコッポス(カンピナス)国際空港を利用します。コンゴ―ニャス空港は国内線しかありません。ヴィラコッポス国際空港は国内線LCC(格安航空会社)のハブ空港としても使われています。, 一番メジャーなグアルーリョス国際空港からの市街への行き方ですが、前払いの空港タクシーの他に、リムジンバス、市バスが運行しています。早朝・深夜は、ホテルや航空会社が送迎サービスを行っていない限りは空港タクシーしか選択肢がありません。タクシーはエリア別定額なので、料金トラブルになることはありません。, 市内の主要エリアは地下鉄、バスが運行しています。地下鉄、バスは特に危険ではありません。徒歩の移動よりも可能な限り公共交通機関を利用してください。, タクシーはサンパウロでは街中のタクシー乗り場から乗ってもトラブルが滅多にないため、便利です。また、配車アプリ”uber”も使えますし、タクシー配車のアプリ”99taxias”や”easy taxi”も人気があります。, 昼間に繁華街の大通りを歩く分にはそれほど危険を感じることはないでしょうが、隙のある旅行者と見られると狙われやすくなってしまいます。どこででもカメラを取り出したり、必要以上にモノを持ち歩いたりするのはやめましょう。また、暗くなってから公園や小道に入るのは大変危険ですし、日中でもファベーラ(スラム)方面には行かないようにしてください。, リベルダージの小道を歩いていたらオートバイで2人組が近づいてきて、銃で「かばん、財布と携帯をよこせ」と脅された。, 世界的にも珍しい日本人街リベルダージは日本人なら必ず訪れるエリアですが、治安がいい方ではありません。また、人通りの少ない小道は大変危険です。この方は、持っていたダミー財布を渡したのでお金の方は被害がほとんどなかったそうです。南米で万が一強盗に遭ってしまっても、おとなしく金目の物を渡せば、命まで取られることは滅多にありません。また、犯人の顔を見すぎるのも相手を刺激してしまうのため、目をそらす方がよいでしょう。強盗には誰でも遭う可能性があります。短い距離でもタクシーを使うようにしましょう。, セントロの路上で、いきなり何者かがズボンのポケットに手を突っ込んできて、中に入っていた小銭入れを抜きとって逃げた。, たとえ人通りの多いところでも、何があるかわかりません。いきなりで驚いたのもありますが、この方は直後ですら誰にやられたのかわからなかったのだそうです。外出するときは、常に盗られても大丈夫なものしか持ち歩かないようにしましょう。, もっともリスクの低いサッカー観戦の方法は、旅行代理店の送迎付きツアーです。個人で行く場合、トラブル回避のため会場までは普通の服で行き、中で応援するチームのユニフォームに着替えてください。試合後も同様です。外では、フーリガンほどでなくとも、熱狂的なファン同士がいざこざを起こすことがあります。サンパウロの中だけでもたくさんのチームがありますので、事前に観戦する試合の内容を調べておいた方がよいでしょう。, ブラジルではクリスマス前から翌年のカーニバル(カルナヴァル)頃まで夏休みになります。この時期はお祝いを控えて国全体が浮足立ち、犯罪が増加しますので特に注意が必要です。サンパウロのカーニバルも大規模で、参加する場合はもみくちゃになる覚悟で行ってください。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. Japan Houseやサンパウロ美術館のある地区で、パウリスタ通りにあるので、有名なお店はたくさんあります。, また、Pátio Paulista Mallというとても綺麗なショッピングモールがあって、子ども用品もたくさん売っているので、子供連れのご家族におすすめです!, Objetivo Colegio Integradoという、ブラジルENEMで2位の学校がある地区でもあります。. 警戒心を忘れずに、自分の身は自分で守って、サンパウロ生活を楽しいものにしたいですね。, Sampassoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 本日は、シウダーデルエステからサンパウロにnsa社の夜行バスにて移動してきました。 治安を把握しつつ初めて歩くサンパウロの印象。そして、バスターミナルからリベルダージ地区のホテルへの移動の内容を書いていきます。 サンパウロの治安の良い エリアでホテルを探す. 強盗 323.9件 ・車で連れ回されて、ATMで現金を引き出させられたり店でクレジットカードで高額な買い物をさせられた後、所持品全てを奪われて、郊外の人通りがない場所で解放される。 ・不審な人物に気づいたら、近くのビルや商店等に駆け込む。 ・路上駐車をするならマンションやオフィスビル前を選ぶ。 ■手口例 ・フードコートのテーブルや椅子には、バッグをかけるフックやベルトが取り付けられている場合があるので利用する。 ブラジル サンパウロ市内で治安が良く、住みやすい地区をご紹介!サンパウロの8つの地区についての情報がたくさん!日本食レストランや日本食料品店へのアクセスも良く、日本人に住みやすい地区はどこ?子供連れで生活しやすい地区や、学校情報などもご紹介します! サンパウロにはじめて旅行に来られる方は、治安面が心配な方も多いと思います。 でも、ブラジル人から私がよく言われることなのですが、「危ない場所を知っていて、そこに行かなければ安全」なことも多いです。 実 ... 参照:meu lugar., Conheça os bairros mais seguros pra se viver em São Paulo、Blog da Lopes, São Paulo: Os melhores bairros para morar, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ・外出先では駐車場を利用し、その際は鍵を預けなくても利用できるところを選ぶ。 ©Copyright2020 世界の治安情報局.All Rights Reserved. 2016.11.12 コロナウイルスにどうやって世界が立ち向かっているかを紹介する『vsコロナ ブラジル編』。今回はブラジルに住む日本人の現状、言語の違い、アジア人に対する差別について取り上げます。日本に比べ非常に治安が悪いサンパウロの危機的状況について、吉澤まりえがお伝えします! Copyright© TIPS IN BRAZIL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. サンパウロのリベルダージ地区には日系人の方がいるのが当たり前の状況で、韓国や中国の方もたくさん住んでいます。 リベルダージが中心ですが、サンパウロには、見た目が日本人の日系人の方がいて自然であり、道にいても何にも珍しくないです。 ブラジルへの日本人移民の歴史があり、日本の外務省が、ブラジルに150万人以上の日系人がいると2008年に発表されています。 ただ、実際は日本人との混血の人が多くいて、人数 … 窃盗 873.8件 ブラジルには、たくさんの有名なハンバーガーレストランがありますが、私が飽きずに何度も通っているハンバーガー店があります。 それが、サンパウロ発のBULLGUERです! ブラジルのレストランでハンバーガ ... 治安の良いことはもちろんですが、日本人にとって住みやすいのは、近くに日本食料品店や日本食レストランのある場所ですね。, そして、サンパウロは駐車場も狭かったり、道も狭く運転も難しいので、日中に徒歩で買い物に行けるというのは、すごく過ごしやすいです。, そのような点から考えると、ベラ・ビスタ、パライゾ、ビラ・マリアーナが日本人にとって生活しやすい地区でしょう。, お子さんがいらっしゃる場合には、通われる学校のバスがどこを通るかも考慮されて、住む地区を選ばれると良いと思います。. サンパウロ( São Paulo 、ブラジルポルトガル語発音: [sɐ̃w̃ ˈpawlu] )は、ブラジル南東部に位置する都市。 サンパウロ州の州都。. ブラジル旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。 Wi-Fiレンタルでネット環境を整える. 詳しくは「ブラジル・サンパウロで強盗被害に遭った話」に書いてあります。, 自分の身は自分で守るしかありません。私が経験から学び、日頃意識していることをご紹介しますので、外出する際の参考になればと思います。, 家を出る前から治安対策は始まっています。事前準備が結果を左右すると言っても過言ではありません。, 初めての地域、土地勘のない地区などを訪れる際は、あらかじめルートを調べておくほか、Google Maps で街の雰囲気を見ておくことをおすすめします。, 「この道は人通りが多い」「ここは塀が高くて視界が遮られる」など、注意すべきポイントが分かるからです。, 周囲の人にその地域の評判を聞いておくのも非常に有効です。土地を知り尽くしたブラジル人なら、的確なアドバイスをしてくれるはずです。, Tシャツにハーフパンツなど、できるだけ目立たない、カジュアルな服装で外出するのが無難です。というのも、スーツ姿のビジネスマンなど、きれいな服装=裕福=犯罪者のターゲットとなり得るからです。, 私は、ドレスなどを着る必要がある日は、公共の交通機関を使わずに移動するか、会場に着いてから着替えるかしています。, フォーマルにする必要がない日は、できるだけシンプルに。服だけでなく、バッグや靴など、全身に気を配りましょう。ブランド品にはくれぐれも注意。, サンパウロは人種のるつぼ。一見、分からなそうですが、服装や立ち振る舞いなどから、言葉を発しなくてもなんとなく外国人だと分かってしまうものです。, 外国人観光客=お金持ち(現金やカメラ、iPhoneなどの高価なデバイスを所持している)との認識、また現地に不慣れであることから、標的にされやすいものと思われます。, パウリスタ(サンパウロ州出身の人のこと)をよく観察して、浮かない服装を心がけましょう。, ブラジルではとにかく金のアクセサリーが人気で、ほとんどの人が純金の結婚指輪を選ぶほど。色がゴールドのものであれば、純金だろうが、18Kだろうが、メッキだろうが、品質に関係なく狙われる可能性があります。, とはいえ、女性は外出時にアクセサリーは着けたいもの。私は、色がシルバーのもの、ウッドビーズやカラフルなデザインのものなどは普段から着けています。パーティーでビジューなど華やかなものを着ける場合は、会場以外では外すなどの工夫が必要です。, また、腕時計も狙われやすいものの一つです。ブランド物を着けないのはもちろんのこと、安価なものであっても、外で着ける場合は注意しましょう。, 今や世界中どこでも、ノートPCやタブレットなどを持ち歩き、外出先で使用するのはごく一般的なことですが、犯罪者はPC用のリュックやバッグはよく見ていると聞きます。事実、数年前には、IT系の学生が狙われ、通学路で待ち伏せされて荷物ごとPCを奪われるという被害が頻発したこともありました。, 紙のものが狙われる可能性は低いと思いますので、出先での仕事はペンとノートに頼るのが良いかもしれません。, 再発行のリスク回避のため、身分証のオリジナルは自宅に置き、携帯用にはコピーを準備しましょう。おすすめは、Cartório(公証役場)でオフィシャルなコピーをとり(認証印を押してもらえます)、それをラミネートすることです(文房具店などでやってもらえます)。, ただし、施設によってはオリジナルの身分証の提示を求められる場合もありますので、事前確認をおすすめします。, これも、万が一に備えてのこと。もし、荷物を根こそぎ持っていかれたとしても、ポケットの中身は残ります。現金を要求された場合は財布を差し出すしかありませんが、家の鍵とBilhete Único(ヴィリェチ・ウニコ=バス・地下鉄カード)があれば、所持金ゼロでも帰宅することができます。, 差し出し用の現金100レアル程度を必ず持ち歩きましょう。強盗に遭ったら抵抗しないことです。スマホなどの所持品を要求された場合も、抵抗せずに速やかに差し出しましょう。物を惜しまないこと。命には代えられません。, また、カードの盗難被害に遭った場合を想定して、事前に番号停止などの手続きを確認しておきましょう。, 特に、22時以降の外出は避けましょう。私が強盗被害に遭ったのも22時以降でした。アウグスタ通りのナイトクラブなどは人気のようですが、スマホの盗難の話など頻繁に耳にします。, 場所によっては、昼間でも危険です(ヘプブリカ広場やセー広場など)。事前に情報を得る、一人では行かないなどの対策を。, 外出時は、一人の時は警戒心が保てても、誰かと一緒だとつい気が緩みがちになります。屋外での注意点を押さえて、しっかり防犯しましょう。, これは、サンパウロを歩く上で最も大切なことです。自分の前はもちろん、後ろにいる人の気配など、周囲に常に気を配りましょう。, 用心している姿勢を見せることも大切です。暇そうにボーッと歩いている人と、警戒しながらきびきび歩いている人では、狙われやすさにも違いが出るというものです。, 屋外ではスマホは使用しないことです。以前、コンソラソン通りで、スマホで通話していた人が、自転車に乗ったひったくりに遭うところを目撃しました。追い越しざまの一瞬の出来事でした。, また、パウリスタ大通りで、首から一眼レフを下げた人を見たこともありますが、これでは「盗んでくれ」と言っているようなものです。, パウリスタ大通りなどの人通りが多いところや、混雑したバス・地下鉄内など、気付かずしてスリ被害に遭う人も少なくありません。荷物は背負わずに自分の体の前に抱えるなどして、人混みでの防犯対策も徹底しましょう。, 前述した「服装で外国人感を出さない」にも通じることですが、自ら外国人であることをアピールしないためです。, ポルトガル語の環境下で、英語や日本語の会話はかなりの注意を引くものです。移住当初、私はよく無意識にやってしまい、そのたびに家族に注意されていました。, 以上、思いつく限りの私の安全対策を並べてみました。 サンパウロ移住・留学するなら、「家探し」は1番大変! 今回は、一人暮らしやカップル向けの賃貸アパートの平均家賃をご紹介していきます! ご紹介するのは、サンパウロの賃貸アパートの1㎡あたりの家賃になりま ... サンパウロで家族で住むなら、アパートの家賃はどれくらいかかるの? 今回ご紹介するアパートは、3人以上のご家族におすすめです! 今回は、スイートルーム(バスルーム付きのベットルーム)3つまたはベットルー ... 今回は、サンパウロの2人暮らし・ご夫婦向けの賃貸アパートの家賃をご紹介していきます。 (1レアル=26円で換算しています。) 今回ご紹介するのは、寝室2or3つ+駐車場2つのアパートになります。 もし ... さきです。ブラジル在住2年目の大阪人です。ブラジル生活で役立つ情報をどんどん発信していきます♡. ■電話番号:+55 11 3254 0100, 事故に遭い負傷した場合には、日本の119番にあたるのが「193」に連絡しよう。消防車や救急車の手配をする事ができる。また、最寄りの警察署に届け出るか「197」(文民警察)に連絡を入れて事故後の処理を行おう。警察による証明書がなければ保険を利用できない場合も。, 誘拐や強盗等、身の危険を感じる事態に直面した際の緊急連絡先は「190」(軍警察)。, 徒歩やバスでの移動より車でのドア・ツー・ドアが安全とされているものの、車に乗っていても安心できない。, 夜間や人通りの少ない場所へ出かける事は避けるべきだが、朝でも人がいるところでも強盗の被害に遭う事は珍しくない。, サンパウロの東洋人街リベルダージ地区。日本からの輸入品を買い求める客や日本料理店を訪れる人等で人通りが多いが、以前からスリに気をつけるよう言われていたが、2017年に入ってからは、有名旅行代理店で両替した日本人が強盗に襲われる強盗事件が増えている。中には何十キロも尾行されて被害に遭った人や、銃で撃たれて亡くなった人もいる。, サンパウロのへそと言われるセー広場、安売り店や露店が並ぶヴィンチ・エ・シンコ通りやサンパウロ市市場、ボン・ヘチーロ区等は買い物の楽しいところではあるが、スリやひったくりが絶えない。一人では訪れないようにしたい。, ブラジル経済の中枢を担い、サンパウロを代表するビジネス街。日曜日は歩行者天国になる等イベントも多く行われ、ビジネスマンや買い物客等で人通りが絶えない。更に周辺には高級マンションが立ち並ぶ地区なだけに、それを狙ったスリやひったくりや強盗が多い。, 日本からの旅行客の多くが利用するこの空港では、利用客は現金や高級品を多く持っていると思われて強盗に狙われやすい。空港からつけられて信号待ちやホテルに着いたところで襲われてしまう。空港内では置き引きが非常に多く、また、空港内のATMは現金払い出し口に現金を盗む為のニセのカバーが掛けられている事があり、これは空港に限らず国内全域で注意したい。, ブラジルのスラム街。殺人の多くがファヴェーラ内やその周辺で起こっていると言われ、麻薬組織の活動拠点になっている等、地元の人でも近づかない場所に観光気分で入り込むのは危険だ。レンガを積み上げただけの簡素な家屋がひしめき合っている地区が市内のあちらこちらに点在している。, まず、ブラジルには安全な場所はないと思った方がいい。筆者はこれまで何度か犯罪被害に遭った。特にこの半年では2度も強盗未遂に遭っている。日本に住んでいたらこんな事はまずない。大げさではなく、この国にあるのは非常に危険な場所と中くらいに危険な場所と少し危険な場所の3つだけなのだ。. ・バッグは前に抱えたりズボンの後ろポケットやジャケットのポケットに貴重品を入れない。 2016.12.31public-security, 最近では、市内で犯罪があった後に情報共有する携帯アプリがあり、地域別の犯罪傾向がリアルタイムにわかります。利用に際しては英語またはポルトガル語で操作しなければならないのですが、自分の滞在予定のエリアの治安を判断する上での参考になります。 ※いずれも人口10万人あたり, 前述した通り、サンパウロでは様々な凶悪犯罪が多発している。観光客を狙ったスリや置き引きも横行しており、日本での常識は通用しない。どのような状況でも油断は禁物だ。ここで手口と対策を事前に把握し、楽しいブラジル旅行にしよう。, 日本で誘拐というと、連れ去って監禁し身代金を要求する犯罪を想像するが、サンパウロでは短時間連れ去って所持品を奪う誘拐も多い。 ・できるだけ複数で行動したり、常に前後左右に注意を払う。 de Fátima - Sumaré. サンパウロ州全域で治安が悪化しており、特に、サンパウロ市内及び大都市圏においては、昼夜を問わず凶悪事件が多発しています。 ブログを報告する, Cartório(公証役場)でオフィシャルなコピーをとり(認証印を押してもらえます)、それをラミネートする. | ・空いた道では、運転していて追突されても追突した車から誘拐犯が現れて拉致される事がある為、停車しないでそのまま走り去る。 ・バッグを掛けた椅子の背に上着をかけるだけでも抑止効果がある。 ・腕時計や装飾品はつけず、歩きスマホはしない。 ・強盗がクレジットカード等を見ると短時間誘拐に発展する場合がある為、現金とカード類は別にしておく事。 ■対策 今回、サンパウロ現地で日本人駐在員と日系ブラジル人の方々から聞いた話を考慮した上で、治安考察を書いてみることにしました。, サンパウロのリベルダージ地区には日系人の方がいるのが当たり前の状況で、韓国や中国の方もたくさん住んでいます。, リベルダージが中心ですが、サンパウロには、見た目が日本人の日系人の方がいて自然であり、道にいても何にも珍しくないです。, ブラジルへの日本人移民の歴史があり、日本の外務省が、ブラジルに150万人以上の日系人がいると2008年に発表されています。, ただ、実際は日本人との混血の人が多くいて、人数の把握ができない部分があるので、現在は200万人~400万人はいるのでは?という話もあります。, 強盗が狙うのは、カメラ、携帯、多額の現金を持っている「観光客のアジア人」強盗は自分のことを現地のアジア人として見ていれば、狙ってこないだろう。, リベルダージ地区のカフェにいた、70代の日系人の方に話を聞いてみました。人生で20回以上強盗に遭ったことがあるそうです。, 4人に聞いてみましたが、なんと、全員2桁以上の強盗被害を受けたことがあるそうです。(聞いた人数が少ないので、全員がそうというわけではないとは思います。), Youtubeで「ブラジル 強盗 29回」と検索すると、サンパウロ在住日本人が29回強盗にあったと、日本のニュース番組などもでてきます。, テレビで注目を集めて視聴率のために、被害の回数が多い人だけに着目して取材したのかな・・・?とか思っていたのですが、サンパウロ現地で聞くとこれは本当の話なのです。, 実は、日本人の方で、他の中南米の国々の治安が悪い、危険と言われる都市にずっと住んでいて、一度も被害に遭ったことがない人が結構いるのが現状なのです。, その理由は、自分がいる都市内での地区ごとの詳細な治安状況や情報をしっかりと把握しているからです。, 中南米に行ったことがないと、中南米は、どこにいても危険なイメージを持つ方もいるかもしれません。, しかし、日本人の方で現地に10年以上住んでいて何も被害に遭ったことがない人や1回くらいの被害回数の駐在日本人の方が結構多くいます。, それは「現地で危険なエリアを避けて、安全なエリアに住み、時間と場所を選び、常に治安対策と用心をして行動している」から被害に遭いにくいのです。, ブラジルの日系人の方や日本人駐在員は、サンパウロの治安状況の把握はしてますし、用心もしています。, ですが、現地の方が情報把握と万全な治安対策をしているのにも関わらず、それでも被害に遭ってしまうことがあります。そこが、ブラジル旅行、ブラジル駐在員の悩ましい問題と感じました。, それは、単純な理由なのですが、ブラジルの状況が悪く、暴力的な強盗や窃盗を起こす犯罪者数が多すぎるのです。, サンパウロのSe駅周辺、カテドラル前で50人以上のホームレスが寝ていたのを見た時は、衝撃でした。, サンパウロは、リベルダージ地区でも怪しい不良グループがたむろしていたり、ホームレスが道を歩いていることが普通な状況です。, 中南米の国々の治安は、都市、都市の中でも地区によって大きく治安状況が異なり、治安が良い場所のほうが、被害には遭いにくい傾向があります。, しかし、サンパウロはどこの地区でも強盗事件が起きる可能性があり、比較的治安が良いと言われる富裕層が集まる地区でも、富裕層を狙った犯行が起こることもあります。, パウリスタ、パライゾ地区などが治安が良いなどと言われているのですが、私はそうは断言しにくいと思っています。, なぜなら、それらの地区でも、実際に日本人や日系人を狙ったスリ、強盗が数えきれないほど発生しており、銃による殺人事件も発生してしまっています。, もちろん、パウリスタの大通りを歩けば、治安が悪いエリアとは全く違うので、被害に遭う確率は低いとは、実際に感じます。, ブラジルのスラム周辺やファベーラと比べたら、被害に遭う確率は低いのは確かです。サンパウロよりリオデジャネイロや北部の都市ほうが、もっと事件は発生しています。, 安全と言われるエリアでも、富裕層を狙ったスリや強盗なども実際に起きているので、目に見えて感じるということだけが治安の事実ではないと思う部分もあります。, そこで、実際に自分が強盗や殺害の被害に遭ってしまえば、その安全なエリアという情報は、油断や用心不足を招いてしまうこととなります。, サンパウロでは、安全と言われるエリアでも治安対策の万全と気を抜かずに、用心は絶対に必要だと思うのです。, パウリスタや安全と言われるエリアでは、ガチガチに心配したり不安に思う必要はないと思いますが、頭の片隅には用心をするという気持ちが常にあったほうがいいとは思います。, 世界一周中や長期旅行では、飛行機でアフリカやヨーロッパから南米に来る人も多く、サンパウロから南米旅行をスタートする人も多いと思います。, 私も、旅行前の情報や、現地の情報を聞いていると、サンパウロの治安が悪いという情報が多すぎて、観光が怖いと思っていました。, そして、仕事でブラジルに来なけばならない人もいると思います。その時に、行きたくなかったり困惑する部分もあると思います。, ですが、私は心配や恐怖心を煽らせるわけでなく、どうすれば心の不安を取り除けるのかをお伝えしたいので、いまブログを書いてます。, サンパウロの日本人駐在員の方に、どういう心構えでブラジルで過ごすべきかを聞いてみました。, 例えば、サンパウロで生まれ、現地で40年間を過ごし、20回強盗被害に遭った方がいます。その被害に遭う確率は、単純計算ですが約2年に1度です。, 仕事や旅行で、1週間の滞在であれば、現地人の強盗被害確率と比較すると、1週間の滞在時には被害に遭わないかも。と考えることができます。, それと、ブラジルの被害データの統計のようなものを見たことがあるんですが、夜に犯罪が多発し、昼は少なめのデータを見たことがあります。, さらに、日系人の方が被害に遭った犯罪パターンは、家や施設に入り込んできた強盗、車を奪い去られた強盗などのケースがあります。, あまり言いたくないのですが、ブラジルは、家や学校など、施設内に押しかけてくる強盗が多いのです。, しかし、昼に行動して、家に侵入などの犯罪パターンなどを除けば、もし自分がブラジルに観光や出張で行っても、被害に遭う確率は、5年に一度、いや10年に一度の被害確率ではないか?などと見方を変えることもできます。, ただ、日本人の旅行者の方がブラジルに到着後、初日や、たった1週間未満の滞在などで、強盗被害に遭ってしまった報告も多くあります。, その時の状況や詳細はわかりません。ですが、治安対策と油断をしないことを、徹底したほうがいいとは思います。, 少なからず、ブラジル現地の日系人の方は、1週間に1度のペースで強盗に遭ってはいないです。, そして、心構えとして、治安対策の感覚を日本やヨーロッパ、アジアとは違い「南米のブラジルにいる」ということに切り替えることが大切です。, 現地人と旅行者の治安対策の違いを考えて、現地人と同じような治安対策の徹底と用心が必要です。, しかし、日本人や知り合いのブラジル人が、現地で強盗被害に遭ってしまうこともあります。, そのことについて、その回りの人からすると、コメントがしづらい部分がある。その人の気持ちを考えれば、辛いですし、どう言葉をかければいいものか・・・。, ブラジルの状況を理解し、ブラジルで被害に遭ってしまうことは、もどかしいというか、仕方ないというか、なんとも言えない。, ブラジルは素晴らしく、魅力的な国です。しかし、こういった治安の悪い部分は事実であり、致し方無く、やるせない思いがある。, そして、事件が起きてしまった時は「仕方ないよな・・・ここ日本じゃなくて、ブラジルだもん。」と納得したくないけど、ブラジルにいる以上、納得するしかない面があるようでした。, いろいろと現地で話を聞いていると、そういったブラジルの状況、空気感が、ブラジルに住む日系人、日本人駐在員から伝わってきました。, 現地の方は、用心はもちろんしていますが、常に治安の恐怖に怯えてブラジルで生活をしている感じでは、全然ないです。, そして、事前情報や過去の事件や出来事などが頭に入っていなければ、特に不安や心配を感じず、普通に過ごせてしまうような空気感も実際にサンパウロで多々感じます。, ですが、やはり治安は事件発生件数の多さが事実です。自分が被害に遭わなかったり、安心と感じても、事件が発生しています。, いま見て頂いている方で、サンパウロ以外の中南米の治安を調べているとき、中南米の「~」の都市は治安が悪い!危険!治安最悪!殺人都市!とかネットで見ることがあると思います。, ですが、そう書いてはあるけど、外務省の報告で邦人被害が1年に一度あるかないかくらいの中南米の都市も、実際多くあります。, ですので、各中南米の都市の治安というのは、ある程度「外部から与えられた危険という情報で、先入観が植え付けられてしまったことによる、自分発信のイメージ」で治安を脳内で作りあげている部分があります。, ブログやYoutube動画のサムネや内容でもアクセス数を稼ぐための注目を集めるために、中南米の治安が危険ということを誇張していたり、閲覧注意!などの言葉を使ったりして、危険なエリアだけに着目して内容が編集されている動画や記事も多くあるのが現状です。, ですが、実際は、中南米の各国の多くの都市が、現地にいても被害には巻き込まれる可能性は高くなく、自分とは無関係なことが多いのです。, 私は、2年半以上中南米にいて一度も襲われたことないですし、20年以上、南米チリのサンティアゴや中米主要都市に住んでいて、一度も襲われたこともない日本人の方なども結構います。, そして、先ほどにも書いた通り、外務省発表の中南米各国の現地での邦人被害数において、治安の事実は、数字として証明されています。, しかし、この話の流れに反してしまうのですが、ブラジルはちょっと別の話になり、日本大使館の邦人被害報告の数を見ると、中南米の中でもブラジルは、ずば抜けて1番多いです。, ちなみに、日本人旅行者に一番人気の南米ボリビアの観光地「ウユニ」では、2018年6月~2019年6月まで、1年間の邦人被害発生件数【0件】です。, こういうデータがあるので、全ての南米の都市が治安が悪いというわけではないわかります。, ただ、必ずブラジル渡航前は外務省の下記、治安情報を確認して、この事件発生の数字が、治安の事実であるということを認知し、油断しないで用心してほしいです。, ブラジル現地の人は、携帯のスリ、貴重品の恐喝に遭った後、警察に相談しても物が返ってこないのがわかっているので言わない人もいます。, そういう事件が発生していることを知っておいた方が、用心をして自分の身を防ぐことにつながります。, 現地で70代以上の方は、日本語が母国語の方が多くいますので、治安情報など、現地で様々なアドバイスをしていただけました。, 皆様が一番伝えたいこと、望んでいることは第一に、ブラジルに来た日本人の方に無事に何事もなく過ごしてほしい。, そして「日本にいる感覚を捨てて、ブラジルにいるという感覚に切り替えてほしい。」ということが会話から伝わってきます。, 現地の日系人の方は、ブラジルに来た日本人のことを全力でサポートしてくれて、暖かく迎えてくれます。, それゆえこそ、ブラジルという場所にいるということを意識して、日本と同じように過ごしてしまって犯罪に巻き込まれてほしくないのです。, そして、多くの日本人駐在員、日系人、現地ブラジル人は「ブラジルは治安が悪いから気を付けて」と必ず言います。, ですが、この現地の人が言う「ブラジルは治安が悪い」という発言は、ブラジルが嫌いとかイメージを悪くしたいから言っているわけでなく、国を否定したり貶しているわけでもないのです。, ネット上の、日本人旅行者のブログ記事で「ブラジル、治安が悪いと言われているけど、全然大丈夫だった。ブラジルの治安が悪いというのは、失礼。」, これは、自分の好きな国を悪く言われたり、悪いイメージをもたれそうで、嫌な気持ちがあるということは、とてもよくわかりますし強く共感します。, 中南米の悪い部分だけに着目して記事や動画がまとめられて、国全体が治安が悪い危険国家のように思われるのは、私もラテンアメリカの国々が大好きなので、心苦しいです。, ですが、ブラジルに住む現地の方、日系人の方は、それを理解した上で、旅行者視点でなく、現地に住んでいるからこそ言える視点で、ブラジルの治安を考えています。, 最初に書いた通り、サンパウロに住んでいて29回強盗被害に遭った人もいて、日本に住んでいては、絶対起こりえない、ありえないような状況がブラジルにはあるのがわかっているので、現地在住の人が「ブラジルは治安が悪い」と言うのです。, 現地の人は、日本人の方がブラジルに来るからには、被害に遭って辛い思い出を残してほしくない。そしてブラジルに来たのであれば、ブラジルを嫌いになるのでなく、好きになってほしい。, だからこその、注意喚起でもあり、何事もなく過ごしてもらい、ブラジルのたくさんの良い点を見てもらいたい。そういう思いも持っていらっしゃる方がいます。, 「ブラジルの治安が悪い」と日本人旅行者に伝えてくれるのは、ブラジルの悪口を言って批判をしているわけでなく、その国に来た人が何も被害に遭わないで、その国の滞在が良い時間になってほしいからこそ、現地の人が伝えてくれています。, ブラジルは、南米の中で日本と最も繋がりが深い国であり、多くの日系人、日本人がブラジルを愛し、ブラジルに現在でも住んでいます。, ブラジルに限らず、日本人旅行者が中南米で被害に遭うと、その国の環境や治安、現地の人の悪い部分しか見えなくなり、ボロクソ国や国民の悪口をネットに書く人もいます。, そういう風評被害を防ぐためと、何も現地で被害に遭ってほしくないので、注意喚起として治安をしっかりと伝えたほうがいいとは思ってます。, そして、1つ言いたいのは、中南米の国で何かしらの犯罪に巻き込まれてしまったとしたら、怒りや失望で、その国を嫌いになる気持ちが沸くと思います。, ですが、その国の国民が悪いのでなく、犯罪者が悪いので、それで中南米の国々を否定したり、貶したりするのは、ご遠慮願いたい気持ちがあります。, 私は、中南米の国々が大好きなので、現地で何も被害に遭わず、楽しくて良い観光をしてもらって、ブラジルや中南米の国々の、良い点に注目してよい部分をたくさん発信してほしいです。, もし強盗に遭ったら、絶対に抵抗しないということと、気持ち的にも態度でも表さず、物を失うということを諦めてください。, 強盗に抵抗したら、ナイフで刺されるか銃で殺されるかになるので、強盗に抵抗しないというのは、中南米の治安対策の鉄則です。, 中南米で、日本人旅行者が殺される時の理由は、抵抗して反抗するからです。物は買いなおせますし、怪我や嫌な気持ちもいつか回復できます。, でも、命は帰ってきません。ですので、中南米では、襲われたら抵抗をしないということを徹底してほしいです。, また、最初から、ブラジルで襲われないと思っていて襲われたらショックですが、襲われるリスクがあると思ってて襲われたなら、心労を小さくできます。, 例えば、テストで高い点を取れると思っていて、低い点だったらショックを受けますが、最初から低い点だと思ってて点数が低かった場合ショック受けないのと同じです。, 強盗に襲われたとしても「まぁ・・・、ここブラジルだからしょうがないでしょ。ここ日本じゃないし。命あるだけいいや。」, そして、強盗に狙われて犯行される前に、治安対策の万全と油断をしないで防ぐことを防ぐように徹底しておくべきです。大丈夫とは言いませんが、気を付けていれば全然過ごせます。, ブラジルの国の素晴らしさ、ブラジル人の良さに触れて頂き、ブラジル滞在が良い時間になることを心から願っております。, そして、日本とブラジルは移民の歴史があり、素晴らしい関係性をこれからもお互いに築き上げてほしいです。, サンパウロにいる日系人の皆様は、色々と教えてくれたり優しい言葉をかけてくれて暖かく迎えてくださいました。, 日系人の若い世代の方は、戦争の影響によりブラジルで日本語教育が禁止となり、日本語が話せない方がほとんどになってしまいましたが、ご年配の方は母国語が日本語なので、現地で様々な会話ができます。, 是非、サンパウロ訪問の際は、現地の日系コミュニティーとの交流をして頂きたく思います。, 海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。. ワールドカップやオリンピック開催でブラジルに親しみを覚えた人もいるだろう。しかしそのブラジル最大の都市サンパウロでは、スリやひったくりはもちろん、殺人や強盗等の凶悪犯罪が非常に多い。サンパウロ州保安局の統計では2016年、サンパウロ市だけで844人もの人が殺人によって命を落としている。どの場合でも相手が複数で銃を持っている事を前提に対応すべきで、甘く見ているとちょっとした事で彼らは躊躇なく発砲してしまう。この他、デング熱等の感染症と頻発する交通事故にも気をつけたい。, 殺人発生率は23.6件

高校サッカー 選手権 東京予選 2020, マイ ラプソディ 皐月賞, チョコレート効果 キャンペーン 当選, 高校サッカースパイク 支給, ウィラー 守備, イランイラク戦争 トルコ, 水瀬いのり Dvd, スーツ ドラマ 韓国 キャスト, マイル 予想, 有吉優樹 有吉弘行, ウサーマ ビン ラーディン 子供, 正智深谷 サッカー メンバー, 岡本和真 すごい, エリザベス女王杯 クイーン, 高校女子サッカー セレクション, 自衛隊 海外の反応 2019, 山口県 高校サッカー 選手権 メンバー, 生瀬勝久 画像, 日本 面積, 菊花賞 結果, 吉本興業 歴史, ダーツライブ レーティング ランキング, ミュゼ ポイント Tポイント 交換, ホークス ロッテに勝てない, 内田篤人 プレースタイル, ワールド ダーツ, イスラム国 戦闘 動画, アメリカ 面積, 加藤翔平 抹消, 幕張総合 女子サッカー メンバー, ,Sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です