Share This:
googletag.pubads().enableSingleRequest(); Iranian F-14 Tomcat Units in Combat by Tom Cooper & Farzad Bishop, 2004, Osprey Publishing, p. 85–88, R.G.GRANT, 'FLIGHT 100Years of AVIATION' (Dorling Kindersley, London), ジェリー・スカッツ著、 『メッサーシュミットのエース 北アフリカと地中海の戦い』オスプレイ・ミリタリー・シリーズ、阿部孝一郎訳、大日本絵画、, 確実撃墜(moral victory)、撃墜破:敵飛行機を攻撃して敵前線であっても地上に落した、制御を失わせ(out of control)降下させた、撃破(damaged)し降下させた場合。, Christopher Shores, Norman Franks, and Russell Guest, 'Above the Trenches: A Complete Record of the Fighter Aces and Units of the British Empire Air Forces, 1915-1920' (Grub Street the Basement, London, 1991/01), Norman L. R. Franks and Frank W. Bailey, 'Over the Front: A Complete Record of the Fighter Aces and Units of the United States and French Air Services, 1914-1918' document.write("" + ""); googletag.enableServices(); サングラスにしか、興味が無いです。 第2次世界大戦中にアメリカ空軍が組織した、米空軍女性パイロット部隊、通称WASP(Women Airforce Service Pilots)のカラー写真スライドショー映像。 これはWASPの女性パイロット、Lillian Yonallyが持っていたカメラで撮影したもので、それほど枚数は多くないながらも当時の女性パイロットたちの様子 … アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF)は、アメリカ軍の航空部門である。 アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。 })(window,document,'script','dataLayer','GTM-WJRXML'); //-->, 面白い動画や画像、ショートフィルム、映画予告編、アニメーションなどを毎日紹介するよ!, 【PR】仙人や神族が生きる世界を描いたMMORPG「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」で遊んでみたよ!, 米議会、第2次大戦中の米軍女性パイロットを初表彰 写真6枚 国際ニュース : AFPBB News. アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF)は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。, 当初、海軍に属さない航空戦力は陸軍が受け持っていたが、国家安全保障法の策定により陸軍より独立、1947年9月18日に設立された。設立から今日まで、世界各地の多くの戦争や紛争に関与してきた歴史がある。2000年代現在、アメリカ空軍は7,000機以上の航空機を運用する世界最大の空軍であり、世界各地に空軍基地をもつ。, 戦闘機・爆撃機・輸送機・大陸間弾道ミサイルなどを擁し、制空・航空攻撃・物資輸送・核抑止能力保持が任務の中心である。また、軍事衛星打ち上げ・運用においても中心的な役割を果たしている。対潜哨戒機および艦載機はアメリカ海軍、攻撃ヘリコプターおよび長距離地対空ミサイルはアメリカ陸軍の管轄となり、それらは有していない。アメリカ合衆国本土が仮想敵国から離れていたこともあり、前方への戦力展開と侵攻戦闘能力を重視し、基地と空中給油機の活用により東南アジアや中東をはじめ事実上、世界各地への航空攻撃能力を有する。相対的に本土防空任務の割合は低く、それは予備兵力が主体となっている。, アメリカ陸軍に航空機部門(Aeronautical Division)が創設されたのは1907年のことである。これは陸軍通信隊(Signal Corps)の中の一部門であった。通信隊内に設立されたのは気球部隊が通信隊の職掌にあったからであった。1914年に航空機部門は航空部(Aviation Section)に改編されている。, 1917年、アメリカ合衆国が第一次世界大戦に参戦した。航空部隊も拡充を図り、1918年5月に軍事航空機部門(Division of Military Aeronautics)、続いて5月24日にアメリカ陸軍航空部 (U.S. Army Air Service, USAAS) に改編された。, 陸軍航空部は人員20万名を擁し、アメリカ遠征軍 (America Expeditionary Force, AEF) の一部として、特にサンミエルの戦いとムーズ・アルゴンヌの攻勢において、アメリカ陸軍に戦術的支援を行った。エディ・リッケンバッカー大尉とフランク・ルーク大尉などがエース(撃墜王)となった。, 1926年、陸軍航空部は、アメリカ陸軍航空隊 (U.S. Army Air Corps, USAAC) に改編された。この時期、航空隊は新技術の実験を開始した。B-9の開発、初の全金属製単葉爆撃機であるB-10の開発、そして新型戦闘機の開発などが行われた。1937年にはB-17 フライングフォートレスが初めてその姿を現した。航法技術の大きな進歩によって、3機のB-17がイタリアの客船レックスを海上で捕捉することに成功した。, 次なる変化は第二次世界大戦によってもたらされた。1941年、アメリカ陸軍における陸軍地上軍(U.S.Army Ground Forces)と対等の部門として、アメリカ陸軍航空軍 (U.S.Army Air Forces; USAAF) が設置された。この時点で陸軍航空隊は陸軍航空軍の下位部局と位置づけられていたが、1942年3月9日に発効した大規模な軍再編成の折に組織として統合された。陸軍航空軍は地上部隊に従属しない作戦指揮権を持つようになり、陸軍地上軍や海軍と同等の発言力を持つに至った。, ハリー・S・トルーマン大統領が国家安全保障法に署名し、陸軍航空軍は陸軍より独立し、アメリカ合衆国空軍省が設立された。1947年9月18日、連邦最高裁判所長官フレッド・M・ヴィンソンがスチュアート・サイミントンの初代空軍長官への就任宣誓を承認したことでここにアメリカ空軍が正式に始動した。, 1948年、東ドイツの共産主義政権は、イギリス・アメリカ・フランスの管理下にあった西ベルリンへの道路を封鎖した。このため、西ベルリンでは、生活必需品の不足など、市民生活に多大な支障が生じた。このため、空輸軍団がC-121 コンステレーションとC-54 スカイマスターなどの輸送機によって生活必需品をはじめとする大量の物資の空輸を行った(ベルリン空輸)。, 1950年6月25日に朝鮮戦争が始まると、アメリカ空軍はただちに自国民を退避させた。しかし、アメリカ極東空軍(現存しない軍団)は韓国・金浦の拠点空軍基地を失った。その結果、孤立した釜山の守備部隊に対して、日本から飛び立って近接航空支援を行わなくてはならなくなった。アメリカは日本に駐留していたF-80を派遣した。当初は北朝鮮の戦力を考慮して、数日で戦闘が終結すると考えていたが、中国、ソ連の後押しもあり、地上軍は北朝鮮軍に押され、さらなる南進を許すことになる。当時の大統領であったH・S・トルーマンは、国連安保理の決議を経て、国連軍として1950年9月にダグラス・マッカーサー元帥による仁川への上陸を行った(仁川上陸作戦)。これを受けて極東空軍は元の基地へと復帰し、それらの基地を拠点として、北朝鮮と中国の国境付近までの進撃を支援した。航空戦力では、アメリカ空軍は完全に制空権を握っており、連日のように北朝鮮に対して爆撃を遂行した。しかし、1950年10月に中国軍が全面的に北朝鮮を支援。11月1日に後退翼をもった旧ソ連のMiG-15が登場し、アメリカ空軍のB-29が次々と撃墜されたが、F-86セイバーを投入し反撃に出た。ちなみに、これが世界初のジェット戦闘機同士の対決である。1950年12月の中国人民志願軍による反攻時には、空軍は戦術航空支援を行った。, 朝鮮戦争が休戦となり、当初から戦力不足が指摘されていた戦術航空軍団(TAC)の充実化に力を注いだ。朝鮮戦争時も戦略航空軍団(SAC)から戦闘機部隊を戦闘や後方支援に協力させており、三沢基地に駐留したF-80飛行隊が朝鮮に派遣された時は、日本の防空のためにアメリカ本土からSACの保有するF-84をローテーションで稼働させていた。当時はSACにも戦闘機飛行隊が存在しており、TACと一線を引いていた。しかし、SACは戦略ミサイルなどの部隊を傘下に収め、空軍では最大の軍団に成長した。当時、空軍上層部は対ソ連との全面戦争において、抑止力として大規模な戦力の維持、布石しようと考えていたため、ミサイルや爆撃機戦力を高く評価しており、SACをTACや航空宇宙防衛軍団(ADC)よりも優遇する形となっていた。, 1954年、空軍士官学校(USAFA) がオハイオ州コロラドスプリングスに開校した。初の女性士官候補生は、1980年5月28日に卒業した。, 当初アメリカは、グリーンベレー等の軍事顧問団の派遣や武器の提供で、南ベトナムを援助していたが、ジョンソン大統領が就任後、戦況は拡大した。1964年8月に(アメリカ軍の自演による)トンキン湾事件が発生し、アメリカはこれを口実として8月5日に北ベトナムへの爆撃を命令する。空軍は、戦闘機や爆撃機を南ベトナムや周辺国の基地への派遣準備を開始した。その後、実際に空軍が北爆を開始したのは1965年2月からである。この間に、空軍の主力戦闘機は、F-100から始まっていたセンチュリーシリーズではなく、F-4 ファントムIIに変更となった。この時期の空軍は、核戦力の整備に力を注いでおり、ベトナム戦争のような通常兵器を用いた戦争には最適化されていなかった。また、信頼性の低い空対空ミサイルを主戦兵器として用いたF-4にとっては、容易な戦いではなかった。このほか、レーザー誘導爆弾、対レーダーミサイルなどの新兵器が開発され、運用された。, ジョンソン大統領は、1968年に北爆を停止。停戦協定に入る。しかし、ニクソン大統領が新たに大統領に就任すると、1969年6月から米軍の一部を撤退させはじめ、平和工作を行ったことから事態を一変させた。北ベトナムは地上部隊を集結させ、一気に南下し始めた。この時、既に米陸軍の殆どは撤退しており、北ベトナム軍に抵抗できるのは米空軍、米海軍、米海兵隊の航空戦力だけとなった。ニクソンは北爆を再開し、北ベトナムを攻撃した。この攻撃で北ベトナムもパリ和平協定に参加、1973年1月に停戦に合意した。, 冷戦期においては、ソ連を仮想敵として核戦争に対する警戒・準備を行っていた。1940年代後半においては核兵器は大型核爆弾しかなく、それを運用できるのは空軍のみであった。1950年代後半にアトラスなど大陸間弾道ミサイルが実用化されるとこれも空軍の管轄となった。, 戦略航空軍団(SAC)はB-29に次いでB-36が実用化され、さらにはジェット化したB-47、B-52といった大型爆撃機を配備し、核攻撃能力の保持に努めた。さらには高速性能で防空網を突破することを目論んだB-58が配備されたほか、マッハ3の超高速機であるXB-70も試験された。, 台湾と米国が1954年に米華相互防衛条約に署名した後、米空軍は台湾に駐留し、1979年に中国との外交関係が樹立された後、米軍が台湾から撤退するまで、台湾の防空を維持するための主要基地として清泉崗基地と台南基地を使用した。, 1957年10月4日にソ連がスプートニク1号を打ち上げたことで、ソ連が核ミサイル分野においてアメリカを上回っているのではないかという恐れからミサイル・ギャップ論争に発展した。ミサイル・ギャップ論争は、ソ連の核攻撃による先制攻撃でアメリカ爆撃機が地上で全滅するのではないか、という危機感を高め、空軍首脳による戦略爆撃機の一部に核爆弾を常時搭載し空中待機させる方針決定の要因となった。SACは、1962年10月にB-52を訓練、移動を問わずに常に核弾頭を搭載し、指令を受ければ直ぐに指示されたソ連本土へ空中給油を受けつつ侵攻することができるような体制を構築した。実際にはミサイル・ギャップは虚構にすぎなかったのだが、1960年代では核弾頭を搭載した爆撃機がアメリカ本土上空を飛ぶことが日常化していた。そのため、ブロークン・アロー(核弾頭が爆発、破壊、盗難、核搭載機の墜落などの非常事態)に相当する事故も多数発生している。このSACによる滞空警戒(Airborne Alert)は1968年まで続けられた。また、空中待機以外にも、爆撃機は指令から15分程度で緊急発進が可能なように猛訓練を実施、B-52を15秒おきに次々と離陸させるMITO(Minimum Interval TakeOff)という緊急離陸技術も考案された。, ジェット戦闘機については、朝鮮戦争後は戦闘爆撃機および迎撃機が重視され、F-105戦闘爆撃機やF-102迎撃機、F-106迎撃機が開発・配備された。一時は地対空ミサイルを無人戦闘機扱いにしてF-99ボマークの運用を図ったこともあった。, 1991年の湾岸戦争は、アメリカ空軍にとりベトナム戦争以来の大規模な武力衝突であった。イラクのクウェート侵攻後、直ちに中東への部隊展開を行い、1990年8月7日にはサウジアラビアで防空任務を開始した。また、軍事空輸軍団のほか民間予備航空隊の動員を行い、合衆国本土やヨーロッパから人員・地上戦力の輸送を実施している。1991年1月17日にF-117攻撃機を先頭にイラク領内の爆撃を開始、イラクの防空・航空戦力に壊滅的な打撃を与え、航空優勢を獲得、多国籍軍の勝利に貢献した。, ユーゴスラビア紛争においてはNATO軍として、旧ユーゴスラビア地域のセルビア勢力に対し爆撃を行った。1995年にデリバリット・フォース作戦、1999年にアライド・フォース作戦が実施されている。海軍・同盟国軍と共に行なったこれらの作戦では誘導兵器が多用され、セルビア勢力を弱体化させる戦果を挙げた。, 2001年にアメリカ同時多発テロ事件が発生すると、テロ攻撃警戒のために合衆国本土の防空態勢を強化、引き続き対テロ戦争の一環としてターリバーン攻撃のためにアフガニスタン侵攻を行った。2003年にはサダム・フセイン政権打倒のためのイラク戦争にも投入されている。偵察・監視活動にRQ-4を投入するなど高性能無人航空機の大幅な活用を始めている。, アメリカ空軍の長は 空軍参謀総長が務め、 4つ星の将官である大将が任命される。 他の統合参謀本部のメンバーと同じく、空軍参謀総長に航空部隊に対する作戦上の直接指揮権は無い。権限としてあるのは軍内行政執行権及び軍政策決定権だけであり、作戦指揮権は大統領から国防長官を通して命令を下される各統合軍司令官にある。空軍参謀総長に部隊指揮権は無いものの、各軍の参謀総長と共に統合参謀本部を構成し、大統領に軍事上のアドバイスをする立場にある。, 政府行政機関として国防総省内に空軍省(Department of the Air Force)があり、空軍の行政面に携わっている。最高責任者は文民の空軍長官(SECAF)。また、空軍参謀本部が部隊管理の責任を有しており、最高責任者は軍人の空軍参謀総長(CSAF)となる。2020年8月現在、空軍長官はバーバラ・バレットが務めており、空軍参謀総長はチャールズ・Q・ブラウン・ジュニア大将、空軍最先任上級曹長はジョアンヌ・A・バス最先任上級曹長がそれぞれ務めている。, 空軍参謀本部の下に部隊管理系統とし10個の主要軍団(Major Command,MAJCOM)が編制され、各主要軍団は一つまたは複数の番号空軍(Numbered Air Force,AF)によって編成されている。各航空軍は複数の航空団(Wing)および群(group)・飛行隊(Squadron)によって編成されている。このほか、35の外局と空軍参謀本部下に3つの直属機関がある。かつては航空団下に航空師団(Air Division)があったが、これは1992年までに廃止されている。, 現役の正規空軍のほか、予備兵力として空軍予備役および空軍州兵がある。行政面では空軍省内の空軍予備役局および空軍州兵総局によって扱われ、部隊面では空軍予備役軍団をはじめ、各部隊ごとに編成されている。予備部隊は恒常的に動員・運用され、正規部隊を支援している。, 10個の主要軍団が組織されている。このほか、空軍サイバー軍団(AFCYBER)の設立が予定されていたが、これは2008年に中止された。また、2007年に発生した核兵器移送事故を受けて、2009年8月7日に航空戦闘集団(ACC)に在った核爆撃部隊と宇宙軍団に在ったICBM部隊を統合して地球規模攻撃軍団(Air Force Global Strike Command)が設立された。, 通常の部隊編成のほか、アメリカ空軍では必要に応じ、緊張地域に増強した部隊を展開し続ける方策として航空宇宙遠征任務部隊(Air and Space Expeditionary Task Force,AETF)方式を取り入れている。これは、1990年代より取り入れられた方式である。AETFは、空軍の全戦闘兵力を10個ほどの均等に分割して編成したものであり、各種兵力が含まれた混成航空団である。各AETFは、ほぼ同等の戦力構成であり、緊張地域に増援として派遣されたAETFには各部隊からローテーションで定期的に戦力派遣を行なうことにより、一部の部隊に過度の負担を強いることなく、前線地域への戦力展開を続けることができる。各部隊は通常の所属のほか、派遣先のAETFが決められており、訓練期間と定期的な前線派遣期間を繰り返すこととなる。なお、AETFは部隊規模に応じ航空遠征航空団(Air Expeditionary Wing,AEW)や航空遠征群(Air Expeditionary Group,AEG)となる。, 空軍の士官の階級は、将官・佐官・尉官の3種類に分けられる。将官は空軍元帥・大将(O-10)から准将(O-7)、佐官は大佐(O-6)から少佐(O-4)、尉官は大尉(O-3)から少尉(O-1)である。このうち空軍元帥については、戦時中のみ任命される階級であり、2020年8月現在で任命されている者はいない。, 空軍が准士官を任命することは合衆国法典第10章などで法的規定がされているが、現在は空軍において准士官の任命は行われていない。准士官制度の運用を行っていないのは、アメリカ軍では空軍のみである。空軍は1947年に陸軍から独立した軍種となった際に陸軍から准士官制度を継承し、長らく運用していたものの1959年を最後に准士官を任命していない。そして同年に、下士官の最高位である最上級曹長(Chief Master Sergeant)への初めての昇進が行われた。1960年代になると、ほとんどの准士官は士官に昇進したが、少数の准士官は21年間にわたり准士官の階級にとどまった。そして、最後の准士官であるジェームズ・H・ロング4等准尉が1980年に退役し、最後の予備役准士官であるボブ・バロー4等准尉が1992年に退役すると、空軍の准士官制度は法律に規定を残すのみとなり、以来、准士官制度は使用されなくなった。なお、ボブ・バロー予備4等准尉は、退役に際し5等准尉に名誉昇進したため、空軍では唯一5等准尉の階級を保持する人物となった。, 空軍の下士官兵はE-1からE-9の給与等級に分けられる。空軍に入隊したら、士官や下士官、兵にかかわらず航空兵(Airmen)と呼ばれる。そして、陸軍に入隊した者がすべて兵士(Soldies)と呼ばれるのと同様に、下士官以下であるE-1からE-4までの者も航空兵(Airmen)に含まれる。給与等級がE-5以上になった航空兵は下士官(NCO)に区別される。そして、下士官のうちE-5およびE-6を単に「下士官(NCOs)」と言い、E-7からE-9を「上級下士官(Senior NCOs)」と言う。また場合によっては、E-5およびE-6を特に「下級下士官(Jonior NCO)」と言う場合がある。空軍はアメリカ軍の中で、唯一E-4が兵に区別され、下士官はE-5以上となっている。空軍以外ではE-4は下士官に区別され、陸軍と海兵隊では伍長の階級、海軍と沿岸警備隊では3等兵曹の階級が該当する。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ空軍&oldid=80142684. googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-ArticleText', [[336, 280], [300, 250]], 'div-gpt-ad-1570465739405-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-LeftTrack', [[240, 400], [120, 600], [336, 280], [300, 250], [120, 240], [300, 600], [160, 600]], 'div-gpt-ad-1570465580112-0').addService(googletag.pubads()); アメリカ空軍 等に採用される、100% 米国製の、 本物の 「パイロット サングラス」 のみです(笑) 結論から言ってしまえば、アメリカ空軍に、 これまで採用された、MIL spec を満たす 次の3社の . }); エース・パイロット(米・英: Flying Ace、フライング・エース、仏: As、アス、独: Fliegerass、フリーガーアス、日: 撃墜王〈げきついおう〉)は、多数の敵機を主に空中戦で撃墜したパイロットに与えられる称号。航空機が戦闘に使用され始めた第一次世界大戦時からある名称である。単にエースとも称し、中でも撃墜機数上位者はトップ・エースと称される。, 現在は5機以上撃墜した者とされ、また歴史を通じて主に戦闘機のパイロットに与えられる傾向がある。, 第一次世界大戦で戦闘機が誕生した当初、フランスが10機以上撃墜者をエースの資格と定義し、同じ連合国のイギリスや、対戦相手(中央同盟国)のドイツも同様に10機以上撃墜者をエースとした。しかし大戦終盤の1917年に参戦したアメリカは戦闘が短期間であったことを考慮し、5機以上撃墜者をエースの資格と定義した。戦間期を経て第二次世界大戦が開始されると、各国は各々の第一次大戦の定義で使用を再開したが、のちに連合国・枢軸国ともに5機以上撃墜者をエースの資格とした。, エースの定義とは別に、第一次大戦時のフランス軍、および第二次大戦時のドイツ軍は、東部戦線・西部戦線作戦方面の難易度に応じたポイント制により叙勲と昇進で表彰した。また、第二次大戦終盤に空中戦機会が乏しくなったアメリカ軍は、地上破壊機数を貢献ポイントとして別途カウントした。, 日本には「多数機撃墜者」という通称があり、日本軍航空部隊が本格的に参戦した日中戦争以降は上級部隊からの感状(部隊感状/個人感状)・賞詞・叙勲・祝品授与などで表彰され、隷下の各飛行部隊は個人の功績を記録した。陸軍では将兵の士気高揚の面からも太平洋戦争時も奨励されたが、敗戦により記録文書の多くは焼却されており、海軍では1943年後半以降軍令部の指示で多くの部隊は個人撃墜数の記録を廃止している。そのため操縦者の日記記録などを除き戦歴の詳細が不明な部分が少なくなく、戦後日本の戦史家達は1970年代に当時の関係者の体裁を考慮しつつ撃墜数を一定率の掛け算などで引き下げ、戦果を縮小し全体数の調整を試みたことがあったが結論は出なかった。しかし1990年代以降、梅本弘などによって日本軍の戦果報告と連合国軍の損害報告という双方の一次資料を極力照合することにより、客観的に真の撃墜機数を検証する活動がなされている。, 主に撃墜の記録はパイロット自身の自己申告によるが、基本的に空中戦の世界(とりわけ第二次大戦)では誤認が大変多く、実際の敵機撃墜数の何倍もの数を「撃墜した」と報告してしまうことは珍しくなかった。そのため、僚機や地上の目撃者の証言、被撃墜敵機の残骸確認・捕虜の尋問、敵軍の通信傍受・暗号解読、ガンカメラの記録に基づき検証されることも多い。なお「撃墜」のほかに、敵機の墜落・空中分解・炎上などは見届けなかったが確実に撃墜に至る損害を与えたとされる「未確認撃墜」、友軍機とともに協同して敵機を撃墜した「協同撃墜」、撃墜までは至らなかったが敵機に被害(被弾)を与えたという「撃破」などが存在し、これらも戦果となった(個人撃墜機数のカウント)。第二次世界大戦の枢軸陣営では、爆撃もしくは雷撃によって連合国の艦船を撃沈した航空機搭乗員に対し、「撃沈王」(Anti-shipping expert)と称する事もあった[1]。, 軍事気球を5機以上撃墜した者は「バルーンバスター(気球エース)」と呼ばれ、軍事気球が多く利用されル・プリエールロケットなどの対気球用兵器も登場した第一次世界大戦では77人の気球エースが誕生した。, 各国航空部隊の慣習の別にもよるが、パイロットは撃墜した敵機の数だけの印を並べる『キルマーク』を機体に描くことがあり、これによってエース・パイロットの乗機であることが判別できる場合がある。キルマークには撃墜した敵国の国籍マークや機体のシルエット、単純な白線などが用いられる。第二次世界大戦中のソ連空軍のように、自国の国籍マークである赤星をキルマークにも用いる例もある。記入される場所は機首、コクピット横、後部胴体、垂直尾翼など様々である。, 以下、世界の主要なエース・パイロットを英語版項目から日本語表記に修正・転載・加筆。, 湾岸戦争において撃墜を記録したパイロットは複数存在するが、最高記録がひとりにつき3機であるため、湾岸戦争におけるエースは存在しない。, エースのリストでは個人撃墜機数(撃墜数。score,スコア)も主要構成要素の一つになっている。各時代、各国軍で異なる個人撃墜機数カウント方法が存在していた。のちの時代に新規導入・変更・施行された基準は、その国での施行時点以前の時期に遡っては適用されず、戦歴も修正されることはない(基準の適用による見直しは無いが、調査の結果修正されることはある)。, 第一次大戦時、疲弊した国民の戦意を鼓舞するための過剰な英雄報道への要領よい対応とは別に、エースには実際の戦場で、冷静な判断で味方の最小リスク・損害で敵戦力に最大効率で損害を与え続ける役割が期待された。多くのトップ・エースのスコアには、上空から不意をつき反撃できない状態の戦闘機や、爆撃機を確実に撃墜した機数が多数ふくまれる[68][69]。, スペイン内戦ではドイツ空軍のヴェルナー・メルダースにより、3機編隊を最小単位としたケッテから2機編隊を最小単位とするロッテ(Rotte)と、そのロッテを2組とする4機編隊のシュヴァルム(Schwarm)という編隊戦法が編み出され、第二次大戦中の欧州戦線ではそのロッテ戦法が形を変えながらもイギリス空軍を筆頭に各国に普及した[76]。, イギリスとアメリカの場合、ガンカメラなどの記録があったためある程度撃墜の確認は可能であったが、戦意高揚のためパイロットの個人申告を重視することが多々あった。一方ドイツは、ガンカメラの映像や僚機の証言、地上での目撃者など事細かに調査した後に撃墜を認定したため、戦後は疑いの目で見られていたエースの戦果は、このような調査結果を知った連合国側からも認められている。, 第一次大戦後、日本は当時最先端の欧州空軍のシステムを導入した。日本陸海軍戦闘機パイロットの個人撃墜機数のカウントの仕方も欧州先進各国に準じた。, Bowers, Al (1999-05-17), Fighter Pilot Aces, United States Air Force, דני שלום, רוח רפאים מעל קהיר, עמ' 900-901.  エース・パイロット(米・英: Flying Ace 、フライング・エース、仏: As 、アス、独: Fliegerass 、フリーガーアス、日: 撃墜王〈げきついおう〉)は、多数の敵機を主に空中戦で撃墜したパイロットに与えられる称号。 航空機が戦闘に使用され始めた第一次世界大戦時からある名称である。 new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], googletag.cmd.push(function() { googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-LeftMid', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1570465552319-0').addService(googletag.pubads()); '//www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); new BlogParts(54, "https://blogapi.nicoblomaga.jp/").load(); window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-ArticleMainTopLeft', [[336, 280], [300, 250]], 'div-gpt-ad-1570465681333-0').addService(googletag.pubads()); 第2次世界大戦中にアメリカ空軍が組織した、米空軍女性パイロット部隊、通称WASP(Women Airforce Service Pilots)のカラー写真スライドショー映像。 Iranian F-14 Tomcat Units in Combat by Tom Cooper & Farzad Bishop, 2004, Osprey Publishing, p. 79. googletag.cmd.push(function() { googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-ArticleAdd', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1570465708949-0').addService(googletag.pubads()); new HeaderContents("https://blogapi.nicoblomaga.jp/", "pc").start(); (Grub Street the Basement, London, May 1992), Norman L. R. Franks, Frank W. Bailey, and Russell Guest, 'Above the Lines: The Aces and Fighter Units of the German Air Service, Naval Air Service and Flanders Marine Corps, 1914 - 1918' (Grub Street the Basement, London, (1994/01)), Norman Franks, 'JASTA PILOTS: Detailed listings and histories August 1916 - November 1918' (Grub Street August 2002, London), バレット・ティルマン『第二次大戦のワイルドキャットエース』オスプレイ・ミリタリー・シリーズ、岩重多四郎訳、大日本絵画、, 日本傑作機物語 -97式戦闘機/イ-15, 16 との比較- (酣燈社編, 1959年), 吉良勝秋 元陸軍准尉 太平洋戦争ドキュメンタリー 第3巻 『大草原にソ連空軍と渡り合う -群蜂と群蜂と-』, 岩本徹三 『零戦撃墜王』、角田和男『修羅の翼』、斉藤三朗『零戦虎徹』、神立尚紀著『零戦隊長』, Aloni (2006), Israeli F-15 Eagle Units in Combat, https://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/Society_&_Culture/victory.html, AVSEQ02.DAT العميد الطيار أديب الجرف بطل حرب تشرين, Syrian victory credits of the Arab-Israeli wars, Egyptian victory credits of the Arab-Israeli wars, https://books.google.com/books?id=RPttAAAAMAAJ, https://books.google.com/books?id=YlHDyi87AQYC, Imperial Iranian Air Force: Samurai in the skies, Fire in the Hills: Iranian and Iraqi Battles of Autumn 1982, by Tom Cooper & Farzad Bishop, Sept. 9, 2003, http://www.acig.org/artman/publish/article_210.shtml, http://www.acig.org/artman/publish/article_211.shtml, http://www.cieldegloire.com/as_45_00_victoires.php#zandi, http://books.google.com/books?id=NitWvqWK028C, http://books.google.com/books?id=mKyWYMkW960C, https://books.google.com/books?id=mKyWYMkW960C, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エース・パイロット&oldid=79493534, イギリス空軍とカナダ空軍のトップ・エース。カナダ人としてもトップ。後にカナダ空軍元帥, 乗機を黒く塗装していたことから「黒騎士(Schwarzer Ritter)」の異名を持つ。, 通称「アリゾナの気球キラー」。気球を14機した気球エースであり飛行機も4機撃墜している。, 通称「空の王者(Roi du ciel) 」。ヨーロッパで初めてパラシュート降下したパイロット。, 他、共同撃墜が31機ある。後の第二次世界大戦でも活躍。1944年3月に撃墜され戦死するが、このとき彼を撃墜したのは, エーリヒ・ハルトマンに次ぐ撃墜数の保持者。撃墜数300機越えは史上でもこの2人だけである。, 歴代3位の記録だが、上のハルトマン、バルクホルンの約半分の出撃数で達成。見越射撃を得意とした。, 通称「プリッツル」。この通称は彼の好物であるキャンディの銘柄からつけられたものといわれる。, JG77→JG11→JG76→JG26→JG300と、所属戦闘航空団(JG)を5度も転属した。通称「トニ」。, 対英戦線でのトップ・エース。 通称「アフリカの星」、「黄色の14」、「砂漠の王子」等。ルフトヴァッフェでの最年少大尉。, 通称「ラムダール(Rammdahl:突撃ダール)」。記録はダールの自伝によるもの。実際の撃墜戦果は100機以下といわれる。, 通称「腕の佐々木」。飛行第50戦隊三羽烏の一人。陸軍航空審査部のテスト・パイロットとしても活躍。, 本名李根晳。日中戦線で18機、南方戦線で5機撃墜。後の韓国空軍創設メンバーの一人。, 通称「赤鼻のエース」「赤ダルマ隊長」「マスタング・キラー」。一兵卒から佐官にまで昇進した。, 愛機の一式戦「隼」の胴体横に、パーソナルマークとして大きく「飛翔する鳥」を描いていたことでも有名。, 撃墜スコアの全てが四発爆撃機(B-24およびB-29)。二式複座戦闘機を愛機とした。, 「零戦虎徹」。202機は本人の手記による。この他中国戦線で14機を撃墜。戦果の大半はラバウルで、4発重爆を含む確実141機を報告している。, 数字は公認記録。共同撃墜は187機。通称「軍鶏」「ラバウルの貴公子」「ラバウルのリヒトホーフェン」。戦死直前に実家に宛てて送った手紙の中では54機撃墜と記す。, 愛称「松ちゃん」。酒に酔った際には「350機墜とした」、素面の時は「260機墜とした」と言い続けた。, 水上機で体当たり1機を含む5機~7機を撃墜。零観、二式水戦など多くの機種を乗りこなした。, 「義手の撃墜王」 。本土防空戦で左手を失うも義手を装着し戦闘に復帰。1945年8月15日に5機目の撃墜戦果を挙げ、海軍最後の撃墜王となった。, ルーデルが撃墜したとされるパイロット。第二次大戦では単独撃墜15機、共同撃墜11機の戦果を挙げ、スペイン内戦での戦果を合わせると単独撃墜23機、共同撃墜42機となる。, 日中戦争で個人3・共同4機、第二次大戦で個人4、共同3機。テストパイロットとしても著名。, ポーランド系アメリカ人。ヨーロッパ戦線でのアメリカ軍トップエース。朝鮮戦争ではさらにジェット戦闘機6.5機の撃墜公認がある。, 当時ドイツ空軍トップエースであったヘルムート・ヴィックを撃墜したことで有名。直後にヴィックの僚機に撃墜され戦死した。, ハンガリー空軍第3位のエース。通称「ドラム」。158回の出撃で多くの勲章を得、叙勲の高さでは2位。戦後共産主義政権下で投獄、処刑された。, 通称「空軍戦魂」「東北飛鷹」。空軍第四大隊長。日中戦争において日本軍機を初めて撃墜した。, 第二次世界大戦におけるユーゴスラビア王国空軍のトップエース。エースパイロットの条件をギリギリで満たしていないが、, シリア空軍のトップエース。15機中1機はイギリス空軍機の撃墜(他はイスラエル空軍)。1953年~1970年までは, 第一次大戦でエースが登場した当時、部隊の撃墜機記録とは別に、個人撃墜機数記録が生まれた。, 第一次大戦終戦時の欧州空戦では所属する各国軍によって相違する個人スコアの数え方が数種類存在した。, 第二次大戦中にアメリカ軍は、編隊空戦での協同撃墜に対する基準を変更し分割公認戦果を導入した。, 第二次大戦終戦以降、現在までの戦果には戦勝国である旧連合国軍の標準が採用されている。, イギリス空軍はパイロットの撃墜認定で「確実撃墜(moral victory)」は個人撃墜機数にカウントされた。, フランス空軍ではイギリス式の確実撃墜(moral victory)は個人撃墜機数として認められなかったが、協同撃墜に対するイギリス式の個人撃墜機数カウント方法は採用した。, ドイツ空軍はイギリス式の撃墜確実(moral victory)は個人撃墜機数にカウントしなかった。, アメリカ海軍は応用編隊戦法として、2機が数100m離れた戦闘隊形に展開した隊形で相互掩護する戦法を研究提唱し, 各戦闘機パイロットは戦闘直後のブリーフィングで中隊ごとに集合し、空中指揮官たる中隊長に個人撃墜数など戦果報告を行い、空中指揮官(中隊長、分隊士)は戦果を確認し重複など整理したうえで部隊長に報告した。その後.

イランイラク戦争 日本航空, ロッテリア 肉の日 8月, 馬 シャレード, イグアスの滝 地図, ミーンガールズ カレン, 乳酸菌ショコラ 効果, アプリーレ ブログ, スーツ2 ネタバレ, ミシェルオバマ スピーチ, 俺物語 アニメ 声優, ヤマカツスズラン ウイニングポスト9, オークス血統 ヘラクレス, 叡王戦 第6期, アンナチュラル 2020年, サッカー選手 彼女になるには, 坂上忍 車, 青夏 ロケ地 川, ダイナチャイナ ウイニングポスト, 西巻賢二 なんj, パトリック マラソン, おじさまと猫 登場人物, ソウル ホテル 大浴場, カリフォルニア州 面積, ロッテ 売上ランキング, 児玉高校 昔, ロッテホテル 朝食, 新潟 高校サッカー 掲示板, ロッテ 外国人 2019, 坂本 吉川尚輝, 尚志高校サッカー部 進路, 西葉瑞希 インスタ, 乳酸菌ショコラ 効果, 最後から二番目の恋 2019, くちびるに歌を 相関図, 野木亜紀子 星野源, 大迫敬介 海外移籍, 高橋一生 学歴, ,Sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です