マドリード 休日
Share This:

2020年のスペインの祝日を知っておこう!!

スペインではスペイン全土の祝日の他に、各自治体や州によって定められる祝日があります。

ですので、マドリード市の祝日に他の都市の動物園やアミューズメントパークなどに遊びに行けば、かなり空いているということもあるでしょう。マドリード市の祝日は、年に2回ありますので、狙い目ですね!

お祭などのイベントを伴う祝日もありますので、後程説明します。

また、イースター休暇やクリスマス休暇から年明けにかけては、連休となります。語学学校も長い休校になる場合がありますので、頭に入れておきたいですね。

2020年のスペインの祝日は、14日あります。8日はスペイン全土の祝日、4日が各州が決める祝日、そして2日が各市が決める祝日となります。

2020年のスペインの祝日

1月1日 元旦

1月6日 公現祭

4月10日 イースター

5月1日 メーデー

8月15日 聖母の被昇天

10月12日 イスパニアデー 

12月8日 無原罪聖マリアの祝日

12月25日 クリスマス

2020年のマドリード州の祝日

4月9日 イースター

5月2日 マドリード州の祝日

11月2日 万聖節

12月7日 憲法の日

2020年のマドリード市の祝日

上記のスペインの祝日の他に、2日、マドリード市の祝日が加算されます。

5月15日 聖イシドロの日

11月9日 聖母アルムデナの日

スペインならではのイベントやお祭を伴う祝日

まずは、1月6日の祝日、公現祭についてお話します。
スペイン お祭

1月6日 公現祭

スペインに来るまでこのイベントの存在を知らなくて、ビックリした方もいらっしゃるでしょう。実は、スペインの子供達はクリスマスプレゼントが年に2回もらえるんです!

どういうことかと言いますと、12月25日のクリスマスの日にまずプレゼントを貰います。ここまでは、日本でも一緒ですよね。そして、なぜか1月6日にもプレゼントを貰うことが出来るのです。

この日は、東方の三賢人がイエスキリストの誕生を祝って贈り物を持って現れたと言い伝えられています。そして、スペインではクリスマスのようにプレゼントを贈る日になっています。子供達は、クリスマスからこの公現祭まで長い休暇を楽しみます。ですので、最近は、クリスマスに大きなプレゼントを贈ることが多いようです。そうすれば、長い休暇にプレゼントで一杯遊べますから。

また、この日には、Cabalgata de Los Reyesというパレードが行われます。Los Reyesというのは直訳で王様と言う意味ですが、ここでは東方の三賢人を示します。このパレードには、寒い中、家族連れが多く見に訪れます。子供達は、必ず大きなバックを持って行きます。そして、パレードの山車の上から投げられるキャンディーやグミを拾って、バックに詰めて帰宅するのです。

ちなみに、東方の三賢人の名前は、下の写真で左からGaspar(ガスパール)、Melchor(メンチョール)、Baltasar(バルタサール)と言います。そして、それぞれ没薬、黄金、乳香をキリストにプレゼントしたそうです。スペイン レジェス

次は、聖週間またはイースターについてです。

4月9日・10日 イースター

この週は、スペインではセマナ・サンタ(聖週間)と呼ばれます。毎年日にちは異なりますが、3月と4月の間です。

セマナ・サンタには、プロセッションと呼ばれる練り歩きが行われ、圧巻です。イエスキリストや聖母マリアなどを乗せた重たい山車を、何十人という大人が担いで町中を行進します。この山車を担げることは、敬虔なキリスト教徒にとっては、大変な名誉となります。プロセッション本番に向けて、念入りに練習が行われますので、前に進むリズムが完璧に合っています。厳粛な音楽も鳴り響き、よりムードを盛り上げていきます。スペイン 聖週間

また、ナサレノス(Nazarenos)という尖ったフードを被った人々の姿に、ビックリされた方もいるかもしれません。クー・クラックス・クランに似ていますが、全く関係はないようですので、ご安心を。スペイン 聖週間

このプロセッションは、スペイン各地域で行われます。特に有名なのは、感動して泣いている人もいるというセビリアでしょう。

5月15日 聖イシドロの日

この日は、マドリード市の祝日です。

マドリードの伝統的な衣装に身を包んだチュラポ’(Chulapo)・チュラパ(Chulapa)と呼ばれる人々が、チョティス(Chotis)を踊ったりしています。また、屋台や移動式遊園地があるお祭が行われたり、所々でコンサートやパレードがあります。

マドリード 祭

10月12日 イスパニアデー

1492年に、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した日として祝われています。この日は、マドリードの中心的な通りであるカステジャーナ大通りで軍事パレードが行われます。道路の封鎖があるので、車での移動は避けたほうが良いでしょう。2019年には、国王一家や政府関係者も見守る中、4200人の軍事関係者が参加しました。軍隊、民間警備隊、国家警察、市民保護警察、海上救助隊などのそれぞれの帰属の制服を見るのも興味深いでしょう。スペイン 祭日

また、毎年10月になると、爆音を上げて軍用機がパレードの練習の為に頭上を飛ぶようになります。この日の為に何回も練習を重ねて披露される空軍のデモンストレーションは、非常に見ごたえがあります。マドリード 祭日

以上です。皆さんも、2020年のスペインの祝日を楽しくお過ごし下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です